子たる身分の霊

 これが僕であり、奴隷です。では子とは何でしょう?もし人が子たるクリスチャンの身分を本当に持っているなら、奉仕はその人にとって喜びです。その人の内には愛の力があります。子は父が喜ぶことを行うことを喜びます。そして、この愛はそれを行う動機と力を子に与えます。子には別の霊、子たる身分の霊があって、この霊が子の内に働き、あらゆる要求に応じることを可能にします。なぜなら、これが聖霊の意義だからです――すなわち、聖霊は内なる力、愛の力であり、それはあらゆることを可能にするのです。皆さんご存じのように、もし私たちが何かを力強く愛しているなら、不可能なことは何もありません!いらつくことのない愛、ただちに問題点を指摘してそれに注意を引く愛、常に警戒し、熱心に気を配り、なすべきことを見張る愛――このような愛を私たちがもっと持っていれば。私たちにはこのような精神が必要なのではないでしょうか?

 私たちは極東にいるいくつかの群れを知っていますが、これはそれらの群れに関して大いに印象的な点です。それらの群れについてここで述べるのは絵図や例証としてであって、他の群れを責めたり批判するためではありません。例えば、ある大きな集会所は千六百名収容することができ、その周囲にはさらに三千名収容する設備があります。その集会所には千の窓枠があり、想像がつくと思いますが、大いに手入れが必要です――掃除、電気設備や拡声器などの手入れが必要です。このような一つの集会所だけでも、こんなにたくさんの仕事があります。毎回集会が終わると、用意の整った男たちや女たちからなる軍隊が仕事に取りかかります。彼らは掃き清め、モップがけをし、整備して、次の集会のために、すべてが清潔で、完全で、あるべき場所にあるように配慮します。この人々が仕事をしているのを見ている時、遠くで古着を着て働いている誰かについて、「あの兄弟はどなたですか?」と尋ねたとしましょう。「ああ、あの人は何某将軍です!」。仕事中の別の若者を見ると、その若者は本当に汚れ仕事をしています。「あの若い兄弟はどなたですか?」。「あの若者はこの島で一番大きい繊維工場の最高経営責任者です」。このようにさらに続けていくと――将軍、大佐、重役に出会います――しかし、彼らはみな「この仕事に取り組んで」いるのです。こうした上級職の人々の一人は、週に一度、この千個の窓枠を掃除することを自分の仕事にしていたのです!

 彼らはどうやってこの仕事をしているのでしょう?彼らは仕事に取りかかる前に、全員一緒に集まって、祈り、歌います。この大いなる労働者の軍隊はみな一緒に祈り、次に良い歌を歌います。それから、仕事に取りかかります。この仕事はみな、このような喜びの霊の中で行われます。これが子たる身分の霊です!これは隷属ではありません。これが真の子たる身分の霊なのです。私たちにはこれがさらに必要です。これが聖霊の意義です。この人々が輝いているのも驚くにはあたりません。彼らの場合、「誰に主の御腕は現されるのか?」という問いに答えが与えられるのも、驚くにはあたりません。主の御腕はまさにそこに現されるのです。この例証を忍んで下さい。こうした事が実際に機能しているのを見るのは大いに有益です。こうした事は機能することができますし、実際に機能することができるのです。

 ですから、これが御霊の意義、キリストの意義であり、真の子たる身分の霊です。これがパウロがここで述べていることです。サタンはこれに反対します――サタンはまさにこれを憎んでいます。サタンは何としてでもこれを破壊しようとしますし、これを駄目にしようとします。これがパウロが従事していた戦いでした。パウロはユダヤ主義者たちと戦っていただけでなく、この大いなる敵の直接的敵意とも戦っていたのです。敵はこの類の証しに反対します――十字架のこの真の成果に対して反対します。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ