復活の経験を通して生み出される務め

 このようにして務めが生み出されます。男の人であれ、女の人であれ、誰かが「務めに入る」大志を抱いており、話をすることや宣べ伝えること、出て行って集会を開くこと、そのような類のあらゆることを願っていたとしましょう。しかし、もしその人がどん底の経験をくぐり抜けて、そこで主を見いだし、そのどん底から何らかの宝、「非常に高価な真珠」を持ち帰ったことがないのなら、そのような人の務めは実際のものではなく、人工的なもので、たんに職業上のものにすぎません。イエス・キリストの真の務めは、どん底の経験に下らされて、まさにそのどん底で、こうした数々の真珠や尊いものを見いだし、それらをそこから教会のために持ち帰るものです。「海の富が移ってあなたに来」(六十・五)というイザヤ書のこの御言葉に気付いたでしょうか?そうです、しかし、海にはとても深い所、とても暗い所、とても恐ろしい所もあります。それにもかかわらず、そこには宝があります。これが証しの道です。

 手紙の冒頭でパウロが書いていることに注意して下さい、「なぜなら、兄弟たち、アジアで私たちに降りかかった苦難について、あなたたちに知らずにいてもらいたくないからです。私たちは極度に、耐えられないほど圧迫されて、生きる望みさえ失い、実に心の中で死を覚悟するほどでした。それは、私たちが自分自身に頼るのではなく、死者を復活させて下さる神に頼るようになるためでした」(二コリント一・八)。このようにして務めが生み出されます――それは、あなたがキリストの復活の力を現実に経験して、その証しを持つようになる時、生み出されます。あなたの個人的状況にまったく望みが無いように思われる時、あなたの信者の群れにまったく望みがないように思われる時、神の摂理はあなたを導き、キリストの復活の力をあなたに発見させます。「それは、あなたが自分自身に頼るのではなく、死者を復活させて下さる神に頼るようになるためです」。こうして務めが構成されます。もしこの道を歩んだことがあるなら、あなたは真の「奉仕者」です。あなたに肩書きは必要ありませんし、わざわざ任命される必要もありません。あなたは極度に必要とされているものを持っているのです。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ