勝利の愛の価値

 「なぜなら、私は大きな艱難と心の苦しみの中から、多くの涙をもって、あなたたちに書き送ったからです。それは、あなたたちを悲しませるためではなく、あなたたちに対してあふれるばかりに抱いている私の愛を、知ってもらうためでした」(二コリント二・四)。

 第一にわかるのは、勝利の愛の価値です。これが明るく輝く効果的な務めの一つの構成要素です。使徒に関して、これには明らかに二つの面がありました。愛が尽きてしまった人がいるとするなら、この使徒こそまさにそのような人でしょう。このコリント人たちに関する限り、そう言えます。なぜなら、彼はこう言ったからです、「あなたたちを愛すれば愛するほど、私はますます愛されなくなるのでしょうか?」(十二・十五)。愛の中で自分を注ぎだし、費やし、与えても、その結果、愛されなくなるだけで、愛の見返りがますます減っていくなら、いかなる人といえども愛想が尽きて当然でしょう。使徒は何という状況に出会わなければならなかったのでしょう!それにもかかわらず、彼の愛は勝利しました。しかし、これは彼らにも影響を及ぼしたように思われます。使徒が第一の手紙の十三章に記したことが生じたように思われます。そうです、コリント人への第一の手紙十三章のこの勝利を、かなり現実のものとしてこの第二の手紙の中に追うことができます――この愛は「忍耐強く親切な」愛であり、他にも様々な特徴があります――これが勝利する愛の性質です。

 「これこそ効果的証しの第一の主要な要素である」と言えるでしょう。主イエスは言われました、「もしあなたたちが互いに愛し合うなら(中略)それによって、すべての人は知るでしょう……」(ヨハネ十三・三十五)。私たちが互いに愛し合うこと――これが証しであり、こうして証しが知れ渡るようになるのです。この世が見て影響を受けるかどうかは、大いにこれにかかっています。私たちは自分の前で扉を閉めて、「まあ、いいでしょう。いずれにせよ、この世は有害で、常に敵対的であり、常に非同情的です。どうして、この世について考慮する必要があるのでしょう?私たちは閉じこもって、自分の仕事に取り組むことにしましょう」と言うことはできません。あなたはこうすることはできませんし、この世を無視することもできません。私たちがここにいるのは、この世に影響を及ぼすためです――これが主が私たちをここに残しておられる主な理由です。私たちが地上に生きているのは、修道院に入って閉じこもり、冷たくこの世から離れて、この世に対して無関心でいるためではありません。

 さらに、この世は遅かれ速かれ、教会の中で起きていることに気付くようになるでしょう――あなたの地元の群れに起きていることに気付くようになるでしょう!これについて勘違いしてはいけません。この世は教会の状態について知るようになるでしょう。あなたはこれに関して扉や窓を閉め切って、中に閉じこもることはできません!周囲全体が知るようになり、教会の状態が知れ渡るでしょう。繰り返し言いましょう――私たちから聞くことによってではなく、私たちの内に見るものによって、この世は影響されるようにならなければなりません。これが最も大事な点です。この世が実際に見ることができる唯一のもの、この世に影響を与えうる唯一のものとは、私たちが互いに愛し合う相互の愛です。「もしあなたたちが互いに愛し合うなら(中略)それによって、すべての人は知るでしょう……」。証しする最も効果的な方法の一つは――宣べ伝えることではなく、愛することです!愛があるなら、愛は私たちの宣べ伝えよりも遥かに多くの影響を及ぼすでしょう。少なくとも、愛は私たちの宣べ伝えを大いに背後から支えるでしょう。私たちの宣べ伝えはすべて、この一つのもの――主の民のただ中にある強固な勝利する愛――によって支えられなければなりません。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ