パウロのコリント人への第二の手紙

 コリント人への二つの手紙における大問題は、コリント市と世界における教会の証しの問題でした。この二つの手紙を読むと、もちろん、私たちは細々としたあらゆる問題で頭が一杯になってしまいます。第一の手紙には、悲惨な細々とした問題が記されており、多くの問題について対処しています。この手紙の大部分は、読んでいて嬉しいものでも、楽しいものでもありません。おそらく、あなたはこれまで何度も読むのを途中でやめて、最後まで辿りつかなかったのではないでしょうか。たいして理解せず、あまり好きでもなかったでしょう。しかし、私たちは一歩下がって立ち、こう問う必要があります、「この手紙は結局のところ、何について述べているのでしょう?しばらくの間、細々とした点に驚くのはやめることにしましょう。これらの問題は一つの特別な問題を構成しています。この問題とは何でしょう?」

 さて、すでに述べたように、このコリント人への二つの手紙における問題とは、その都市と国々における、教会による主の証しでした。これについてはっきりさせましょう。第一の手紙では、ご存じのように、この世について、またコリントにある教会がこの世を征服することにどれほど失敗していたのかについて、多くのことを述べています。なぜなら、この世がコリントにある教会をすでに内側から征服していたからです。証しは内側から破壊されました。それゆえ、コリントにある教会はこの世に対して実際的衝撃力を及ぼさなかったのです。天然の肉の人が教会の中に入り込み、それゆえ、教会は証しを失いました。常にこのようです。天然の人や肉の人の何かが、ある土地でその教会の中に入り込むなら、その土地におけるその教会のこの世に関する証しは、その群れに関する限り、おしまいです。天然の人が入り込む時、証しは失われます。

証しは肉的要素によって破壊される

 ですから第一の手紙では、問題はたんにその地域の状況だけでなく、その地域の状況が教会のその都市における証しを損なっていたことでした。ですから、そうした状況はことごとく対処され、暴露され、明らかにされ、キリストの十字架にもたらされなければなりませんでした。もちろん、コリント人への第一の手紙には、教会の証しを麻痺させるためのサタンの二番目に大きな策略が記されています。サタンの最大の策略、教会に対する常套手段は、公の迫害であり、エルサレムの都やその国における教会の証しを破壊し、消し去ることでした。ご存じのように、これは失敗しました!しかし今、サタンは二番目の策略の道筋に沿って戻って来ます。その策略とは、教会の数々の層の間に自分の心にかなう者たち――肉的な要素――生まれながらの人、肉的な人を忍び込ませることです。彼らはサタンの目論見に大いに仕えて、サタンが求めている影響を及ぼします。サタンは公の迫害が効を奏さないのを見ると、言わば裏口に回り込んで、その戸口から肉的・天然的な数々の要素を持ち込みます――これは効を奏しました!証しは失われ、破壊されました。

 しかし、このコリント人への二つの手紙の間に、何かが起きました。第二の手紙の七章にはこう記されています、「私は今、喜んでいます。それは、あなたたちが悲しんだからではなく、悲しんで悔い改めに至ったからです。あなたたちは神の御旨にそって悲しみ、私たちからは何の損害も受けませんでした。神の御旨にそった悲しみは、悔いのない救いを得させる悔い改めに導きます」(七・九、十)。第一の手紙の後に実際に起きた出来事に関して、使徒には言うべきことがたくさんありました。彼らは悔い改め、自分自身や諸々の状況を裁き、パウロが言うように「自分たちを清めた」(十一節)のです。彼らは自分たちの状況について本当に苦悩し、行動しました。これが二つの手紙の間に起きました。「彼らはその状況を十字架にもたらしたので、それによりすべては変わった」と言えるでしょう。今や、それらの数々の問題は内側から対処されたので、この世に対するその都市における証しというこの問題全体について再考できるようになりました。敵に対する教会の反撃が可能になったのです。

 この世に対する、その地域における証しの回復――これが第二の手紙に記されていることです。これはみな、実効的に証しを構成している者たちに、晴れやかな安心感を与えます――あるいは、イザヤの絵図を用いると、これは光を輝かせます。これについてパウロが述べているいくつかの点について見ることにしましょう。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ