イザヤ書の次に続くいくつかの章に移ると――さしあたって、積極的な復活の面、十字架の建設的な面についてはすでに述べました―― 一つのことが大きく視野に広がることがわかります。それはすなわち、都と国々の間における神の証しの回復です。これが五十四章以降のイザヤ書の鍵です。この区分ではシオンについて大いに示していることがわかります。「シオン」と「エルサレム」という言葉をざっと眺めてそれを丸で囲むなら、それが証しの中心、焦点であることがわかります。しかしまた、国々についても大いに述べられています。先に進むにつれて、これはさらに明らかになるでしょう。

 そこで、まず五十五章を見て、この章を特徴付けている二つの点に注目することにします。

豊かな恵みと、神の確かな御言葉

 一節から九節では、この復活の立場にある神の民に関して、彼らの自由とその上に注がれる豊かな恵みを見ます――自由と豊かな恵みです。「さあ、渇いている者はみな水に来たれ。金のない者も来たれ。来て、買い求めて、食べよ。あなたたちは来て、金を出さずに、ただでぶどう酒と乳とを買い求めよ……」。この御言葉の中にどれほど新約聖書が集約されていることでしょう!

 次に十節から十三節には、神の確かな御言葉について記されています。「私の言葉は空しく私に帰ることはない」。今日、私たちはメッセージを与えようとする時、「私の言葉は空しく私に帰ることはない」という主のこの約束をたいてい要求します。もちろん、この原則は一般的にあてはまります。与えようとしているメッセージが本当に主の御言葉である限り、この約束を握ることはいついかなる時も間違ったことではありません。しかし、私は指摘したいのですが、この御言葉の本来の意味はそのようなことではないのです。十一節と十二節の流れに気をつけて下さい。「私の口から出る言葉も、空しく私に帰ることはない。私の喜ぶところのことをなし、私が命じ送ったことを果たす。なぜなら……」(ここで読むのをやめてはいけません)「なぜなら、あなたたちは喜びをもって出て行き、安らかに導かれて行くからである。山々と丘々は……」云々。この確かな力ある御言葉の約束の直接的意味は次の通りです。この民は神から解放の約束を受け、「主は自分たちを捕囚から帰還させて下さる」という保証を受けたのです。(イザヤ三十五・十、四十八・二十、五十二・十二と比較せよ)。「あなたたちは喜びと平安のうちに出て行く」という御言葉を主はお与えになりました。これが御言葉の内容であり、これが地に落ちることはありません。

祈りの家と、柔和さの必要性

 五十六章に行くと、すべては万民のための祈りの家を中心としていることがわかります。「私は彼らをも私の聖なる山に来させ、私の祈りの家のうちで楽しませる。彼らの燔祭と犠牲とは、私の祭壇の上に受け入れられる。私の家は万民のための祈りの家ととなえられるからである」(七節)。これは依然として主の証しの回復と関係しており、それは「私の祈りの家」である主の家の中に見つかります。

 五十七章には、主の民に対するさらなる警告がいくつか記されています。この警告は、以前証しを破壊したいかなるものにも逆戻りしてはならないというものです。主は次のように絶えず繰り返し言わなければならないようです、「過去にあなたの証しを破壊した昔の事柄に戻らないよう注意しなさい。そうした昔の事柄が(陶器師の家でエレミヤが語った言葉を用いると)証しの器を『損なった』のです(エレミヤ十八・四参照)」。そこで、主はここで、そのように絶えず現存している数々の危険に関して警告をお与えになります。次に十五節では、主の臨在と信任の根拠について述べられています。「いと高く、いと上なる者、とこしえに住む者、その名を聖ととなえられる者がこう言われる、『私は高く、聖なる所に住み、砕かれた謙遜な霊の者と共に住み、謙遜な者の霊をいかし、砕かれた者たちの心をいかす」。これが主の臨在の条件であり、これにより主の証しが再構築されます。

 五十八章と五十九章は、さらなる警告、さらなる戒め、さらなる教えで満ちています。それは、証しを曖昧なものにする雲から空を清めることによります。五十八章八節に注意して下さい。「そうすれば、あなたの光は朝日のようにあらわれ出る……」。主に関するあらゆるものを支配しているのは、この証しの輝き出です。これらの警告や戒めが与えられたのは、いつまでも空に残っていて、この明るい輝きを妨げようとする雲を取り除くためです。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ