唯一の治療法

 もちろん、あなたは言うでしょう、「その方法とは何でしょう?治療法は何でしょう?あなたが話しているのは何のことでしょう?おそらく、あなたはすでに結論を出しておられるでしょう。私たちのあらゆる霊的病に対する治療法、唯一の治療法、確かな治療法は十字架です――私たちの主イエス・キリストの十字架です。十字架は私たちの肉にとって快くありません。十字架は私たちの好みや嗜好とはまったく反対で人気がありません。十字架の働きというこの問題に関して、クリスチャンの意見は大いに分かれています」等々……。しかし結局のところ、私たちの状態はいっこうに良くならず、私たちの必要もいっこうに満たされません。状況は依然として改善されません。あなたがこれを理解しているかどうかには関係なく、キリスト教の状況、クリスチャンたちの間の状況は、とても危機的です。例として、主の民の間の分裂の問題を取り上げましょう。分裂は障害であり、邪悪なことであり、深く根を張った病の働きであり、神の教会全体の構成を傷つけています。ですから、この問題の周囲を行き巡り、多くの観点から眺めるなら、「誇張ではなく、状況は深刻である」ということがわかるでしょう。

 神の言葉はこの唯一の治療法を私たちに提供しています。それは完全かつ徹底的に証明されています。それには最も確かな権威の裏付けがあります。個人生活や団体生活で、それは何度も実証されてきました。神の言葉は、別の道では何の代替案も見込みも私たちに提供していません。十字架が答えなのです。

 少しの間、イザヤの預言をもう一度見ましょう。これまで考えてきた五十二章十三節から五十三章終わりまでのこの区分が示しているように、十字架こそ、この世界の多くの面にわたる複雑極まりない状況に対する治療法なのです。この状況を構成しているものを、すべてここに見ることができます。それは罪です!罪!「彼は多くの者の罪を負った」――ここの言葉は「間違い」、「失敗」です。違反!――「反逆」を意味するさらに強い言葉です――「彼は私たちの違反のために傷つけられた」。咎!――「私たちの強情さ」を意味します――「主は私たちのすべての咎を彼に負わせた」。間違い、失敗、反逆、強情さ――これらがこの病のはじまりです。病気、苦痛、悲しみ――この章の言葉を使ってこの病をさらに詳しく描写することができます。それをみな一つにまとめるなら、「この患者はとてもひどい状況にあります。見立ては実に重篤です!」とあなたは言うでしょう。この章には、全体として、ただ一つの目的しかありません。すなわち、主イエスの十字架こそ、このすべてに対する治療法であり答えである、ということを示すことです。すべては十字架によって対処され、清算されるのです。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ