このイザヤ書五十三章には(これに五十二章の最後の三節を含めることにします)、神聖な思想、神聖な数々の法則、神聖な諸原則が見られると信じます。それらは主の御腕が現されるための永続的な普遍的条件です。これらの神聖な思想が何かを見いだすために、探求を続けることにします。この記録が示しているように、表面上明らかにわかることがいくつかあります。

この僕に対する人の姿勢

 まず第一に、極めてはっきりとわかることは、この主の苦難の僕に対する人の姿勢と神の姿勢との違いです。この二つの姿勢が極めて明確に描写されており、まったく異なる二つの領域を示しています。この御方――「わが僕」――に関する人の姿勢や判断についての記述は二つの区分に分かれます――第一に異邦人の区分であり、第二にイスラエルの区分です。

(1)異邦人

 この知らせを聞いてその描写を受け入れた異邦人の反応は、五十二章の最後の数節に記されています。「多くの人があなたに驚いたように(彼の顔立ちは損なわれて人と異なり、その姿は人の子と異なっていたからである)、彼は多くの国民を驚かす。王たちは彼のゆえに口をつむぐ。それは彼らがまだ伝えられなかったことを見、まだ聞かなかったことを悟るからである」。

 (次の節である五十三章一節に述べられている)彼についての「知らせ」が広まり、諸々の国民や王たちを驚かせました。彼らは驚き恐れて口をつぐみました。その描写を人々は驚きのあまり信じられず、黙り込んでしまいました。「誰がその知らせを受け入れたのか?」。この人々ではありません!彼らはとても信じられなかったのです――「こんな人が主の僕であるはずがありません!こんな人ではありません!これが主の僕だというのですか?こんなに弱々しい人を神は承認されたというのですか?断じてそんなことはありません!」。彼らは口をつぐみ、彼らの顎は閉ざされました。これが異邦人の反応です。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ