(3)神の御子の正しさの証明に関して

 さしあたって最後になりますが、主の御腕とその意味はすべて、御子の正しさの証明と不可分な関係にあります。これこそ私たちの人生の試金石です!パウロは「私にとって生きることはキリストです」と言いました。そして、神はパウロの正しさを証明されました。存命中、彼には何という敵がいたことでしょう。そして、それ以来今に至るまで、何と多くの敵がいたことでしょう!使徒パウロを貶めるために試されたことのない方法は何も残ってないほどだと思います。しかし、彼はかつてなかったほど偉大な地位に今日着いています。主の御腕はこの人と共にあります!なぜでしょう?彼にとって生きることはキリストだったからです。彼には唯一無二の関心がありました――それは神の御子の正しさを証明することです。主イエスに敵対していた前半生に関するパウロの悲しくて苦しい言葉を、もう一度読んで下さい。何度も何度も、彼は自分のしでかしたことを私たちに告げます――いかに教会を迫害し、男も女も牢獄に投げ込んだのかを告げます。しかし今、彼は全存在をあげて、最後の力の一滴に至るまで、かつて自分が迫害した方の正しさを証明することに打ち込みます。だから、神は彼と共におられるのです。

 これを覚えておいて下さい!神の御子の正しさを証明するために自分の人生を実際に注ぎ出すなら、神が共にいて下さるのです。もし自分自身や幾ばくかの働きに仕えて、何かをうまく行かせようとしているなら、神はその全責任とそれに伴うあらゆる問題を私たちが負うままにされるでしょう。しかし、御子の誉れ、栄光、御名のための情熱を持とうではありませんか。そうするなら、あとのことは神が面倒を見て下さいます。

 「誰に主の御腕は現されるのか?」。以上述べたことが、この問いに対する二、三の答えです。私たちが主の御腕を見いだすのは、十字架の立場、御名の立場、主イエスの栄光の立場に立つときなのです。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ