朗読:イザヤ五十二・十三~五十三・十二

「誰が私たちの知らせを信じたのか?誰に主の御腕は現されたのか?」


 この「腕」という言葉は聖書の中で象徴的に何度も使われている言葉であり、人が力と助けを求めてそれに頼るものを意味します。この腕は人を示すものです。その人が弱さの中にある時、その腕は弱いものとして描かれます。また、その人が強い場合もあります。この腕は人を象徴するものであり、時には人々や国を象徴することもありますが、常に強い状態や弱い状態を示しています。ですから、「主の御腕」というこの句は、それが人々や諸国民に関して用いられる場合、主の御心にかなっているものに主の力と助けを与えて、主がそのためにご自分を力の中で示されることを意味します。

 では、誰に対して主はご自分を力の中で示されるのでしょう?誰に対して主は御腕を「あらわにされる」のでしょう(イザヤ五十二・十)?「誰に主の御腕は現されたのか?」。

聖書の例

 さて、聖書の中には、主の御腕が現された多くの出来事がありますし、この句によって特徴付けられる特定の数々の機会があります。たとえば、主がイスラエルをエジプトから連れ出された出来事では、主が御腕を現されたこと、主が御腕を伸ばされたことが繰り返し述べられています。この出エジプトの出来事は、主が御腕を示された顕著な機会、主が「御腕を下された」(イザヤ三十・三十)顕著な機会として、たびたび述べられています。イスラエル人を連れ出すために、主の御腕が「現され」ました。神がご自分の民のためにパロとエジプトを取り扱われたこの物語全体を読むなら、この出来事はすべて主の御腕に集約されることがわかります。それは主が御腕を現されることだったのです。もちろん、これは一つの絵図にすぎません――これは選びの民をこの世と暗闇の王国から解放することでした。しかし、そのために主の御腕が現されるのです。

 また、イスラエルのバビロンからの解放を見てみましょう。この出来事は主の御腕が現された別の機会でした。「主は民を捕囚から連れ帰るために、バビロンの上に御腕を伸ばして、その支配者たちを引きずり下ろし、その軍隊を投げ倒された」(イザヤ四十三・十四)と何回述べられていることでしょう。これもまた象徴であり――純粋な証しを主の民の間で回復すること、失われた証しを回復することを意味します。「主の御腕は誰に現されたのか?」と問うなら、あるいは時制を変えて、「主の御腕は誰に現されるのか?」と問うなら、その答えは、「主の御腕はこの目的のためであり、この目的と関係している」ということです。

 しかし、主の御腕が現された最高の例は、イエスの復活と、彼が天で大能者の右手に上げられたことです。それに続く教会の初期の時代、主の御腕は何と素晴らしく現されたことでしょう。使徒の働きの最初の数章を見ると、主の御腕が何度も何度も伸ばされていることがわかります。彼らが迫害されていた時、数人が祈りのために集まって、「あなたの僕たちに大胆さを与えて下さい。あなたの御手を伸ばして、しるしと不思議を行って下さい」(使徒四・二十九~三十)と祈りました。ヘロデはこの御腕によって打たれました。タルソのサウロもその同じ衝撃力によって打たれました。多くの場所で多くの事が起きました。主が御腕を現しておられたからです。

 また、新約聖書の最後に行き着く前に、イスラエルの国全体が主の御腕に直面しました。主の御腕が現されて、イスラエルの国を完全に打ち倒し、散らしてしまいました。この破壊はとても徹底的なものだったため、イスラエルの元々の統一はいまだに回復されていません。まだあります――ローマ帝国は全軍をあげて主とその油塗られた者を攻撃しましたが、主の御腕に直面して、完全に滅ぼされ、帝国や国ではなくなってしまいました。これは主の御腕の現れの、歴史上のほんの数例にすぎませんが、「主の御腕は誰に現されるのか?」という問いに対する答えです。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ