2.次に、投資の法則について考えることにしましょう(マタイによる福音書十五章二十七節)。

 引用した節に「私の金」と書いてあることに特に注意しましょう。このたとえが示している思想は次のことに尽きます。すなわち、私たちは神から委ねられた資産を、神から最大限の是認を受ける結果となるように用いなければならないのです。こうした資産を要求する、ほとんど無数ともいえる求めがあります。そして、何が王国の働きであり、何がそうでないのかについて、クリスチャンたちの考えに少なからぬ混乱があります。社会事業、博愛事業、人道的事業、慈善事業、利他的事業、宗教的事業、霊的事業。こうしたものがみなごちゃまぜになって、折り重なっています。多くの人は寛大な慈悲深い心の持ち主で、欠乏やそれらしきもの、もっともらしい話を聞いただけで、自分のポケットや財布に手を伸ばします。他方、その他の人々は、乏しくてすぐには助けの手を差し伸べることができないため、こんなにもたくさんの緊急の要請を前にして、「自分はどうやって義務を果たせばいいのでしょう?」と困惑しています。

 まったく献身している人のために、主は次のような健全な原則を与えて下さいました。何が最も深くて最も真実な御旨なのか判断しなさい。クリスチャン倫理にしたがって判断するのではなく、キリストの十字架にしたがって、何が真にカルバリの霊的な永遠の目的なのか判断しなさい。そして、こうした目的に最も役立つとはじきだしたものに、最大限投資しなさい。これが意味するのは、祈って慎重に検討した上で献げなければならないということです。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ