個人の財政と教会の財政

 一定の割合の金額を系統的に献げる務めを神は大いに重んじて祝福してこられました。この事実自体が、私たちが霊的に解放される上でこの主題が重要である証拠です。この問題を考察するとき、低い水準に降りるわけではありません。事実、キリストの広範に及ぶ数々の御旨はこの問題と重大な関係にあるのです。

 この金銭の務めに関するキリストの御言葉のいくつかにざっと触れることにしましょう。

1.最初に、キリストが明確に述べられた執事職の原則について思い出して下さい。

 ここに登場する人物は(1)豊かな主人、(2)欠乏している家族とその背後に控えているこの世、(3)両者の間に立つ執事です。この執事は特権的地位に着けられて、管理職と責任を委ねられました。執事は本来主人のものである財産を委ねられました。主人が執事に期待したことは、執事が家族とこの世のために、自分が持っているものを主人の目的に照らし合わせて管理することでした。一つ一つの必要について考える際、執事が最も重視して優先すべきは、「これは主人の御心にとって最も親密で慕わしいものとどのような関係にあるのだろうか」という観点です。執事の喜びはこれらのことが成就されるのを見ることであって、自分自身の個人的で肉的なこの世の願望や野心ではありません。執事は主人から任されたものを使う時、自分の肉を喜ばせるために自分を目立たせるような方法で使いませんし、主人の誉れを盗むような方法でも使いません。大事なのは常に主人の名前であって、執事自身の署名ではありません。

 これが「善良な賢い執事」です。私たちの持ち物をすべてこのように見なして用いることが、神の是認と祝福と報償とを受ける確実な早道であることを、主人は大いに明らかにしています。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ