初期の教会はこの世界で効果的に証ししましたが、それについて考える時は常に、当時優勢だった要素を注意深く調べる必要があります。新約福音伝道の中に、ある偉大な支配的概念があったことは否めません。ですから、その概念のいくつかをはっきりと示すことにしましょう。最も重要なのは御名の力です。

御名の力

 キリスト教の最初の数十年を記録している書では、ほぼ次のように言うことができるでしょう。すなわち、聖霊ご自身を除けば――イエスの御名に至上の地位が与えられているのです。天に戻る前に弟子たちに語った言葉の最後の方で主は言われました、「こう書かれています。『キリストは苦しみを受けて(中略)そして、悔い改めと罪の赦しが、彼の御名の中で、すべての国に宣べ伝えられます』」(ルカによる福音書二十四章四十七節)。ペンテコステの日にペテロは叫びました、「悔い改めなさい。そして、あなたたちはみな、イエス・キリストの御名の中にバプテスマされなさい」(使徒の働き二章三十八節)。足の不自由な人を癒す時、彼は言いました、「ナザレ人イエス・キリストの御名の中で起きて歩きなさい」(三章六節)。奇跡を見るために駆け寄って来た群衆に向かって、彼はそれが「彼の御名の中にある信仰によって」(三章十六節)であったことを告げました。大祭司に向かって彼は、「あなたたちが十字架につけ、神が死人の中から復活させたナザレ人イエス・キリストの御名の中で、この人は癒されたのです」(四章十節)と宣言しました。議会は彼らに、「今後この名の中で誰にも語ってはならない」(四章十七節)と命令しました。脅迫と命令に直面して、教会は「イエスの御名を通してしるしと不思議が行われますように」(四章三十節)と祈りました。「この名の中で教えてはならないと、おまえたちに厳しく命じておいたではないか」と大祭司は言いましたが、彼らは「御名のために辱められるのにふさわしい者とされた」ことを喜びました(五章二十八、四十一節)。このようにずっと続きます。最初から最後まで、御名は力であり、情熱です。

 しかし、大切なのは称号や名称ではありません。大切なのは御名の内容です。御名の中には何が含まれていたのでしょう?何が含まれているのでしょう?

 第一に、御名は御性質の勝利を現しています。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ