人のための小羊――家のための小羊――
国民のための小羊――世のための小羊


 言葉は神の愛の無限の広さを描写できない。贖いの物語は、天使たちを驚かさずにはおかない物語である。罪からの人の解放、その罪の結果からの人の解放は、あまりにも途方もない事実なので、永遠の神の御心しかそれを考え付けないし、無限の愛以外の何物もそれを成就できない。

 地に群がる数百万の人々の上に、神はその恵みの天蓋を張られた。その天蓋は神の愛から生まれた多くの約束で飾られている――これらの約束は、空の天蓋を飾る星々のように、夜の暗闇の中で輝いている。罪の贖いの物語は、死すべき人の耳に入った物語の中で、最も素晴らしい物語である。

 この命の計画が進展して行くとき、天の境界で天使たちを抑え切れないことが度々あることに、何の不思議があろう?彼らは愛の歌を歌わずにはいられないのである。その愛はあまりにも驚くべき、神聖なものなので、全人類にできるのはその広大さに没頭することだけである。

 人類はそれを理解できないが、受け取ることはできる!人の言葉は神の御思いを収めきれないが、主は御自分の御思いを赦しと平安という形で、すべての明け渡された心と生活の中に具体化して下さる。

 われわれの贖いの中心的事実は、神の御子の身代わりの御業である。キリストはあなたのために死なれた。彼は私のために死なれた。彼はわれわれの死を死なれた。彼はわれわれの罪を担われたからである。彼は永遠の義の法廷の前で、囚人としてわれわれの立場を取られた。われわれの罪を負われた。われわれの咎を負われた。彼は懲らしめられて、われわれに平安を与えて下さった。

 座して、この永遠の手続きを見守ることしか、われわれにはできなかった。罪を知らない方がわれわれの罪を負われた。そして、刑の執行の時が来た。人々は彼をカルバリの十字架に釘付けた。そして、負債は永遠に支払われた。その血が流されることにより、全ての違反に対する贖いがなされた。

 この永遠のいけにえを捧げることにより、栄光の真珠の門が恵みという蝶番の上で回転して広く開かれた。そして、聖徒たちは死の門を擦り抜けて、星々の彼方の永遠の命の中に入った。ああ、比類ないイエスの愛!ああ、その恵みの素晴らしさよ!

 われわれが聖書と呼んでいるこの本の集まりの中には、神の御旨の素晴らしい劇的な発展がある。血による贖いの真紅の紐が、創世記から黙示録まで途切れなく貫いている。不完全なものは道を譲って、完全なものが発展した。根から花が成長した。根の中に隠されていたのはその芳香と色彩であり、それがわれわれの視界に入るようになるには、ただ雨粒のキスと太陽の微笑みだけが必要だった。

 律法の中から恵みが生じた。旧契約の中から、さらに優った契約の美が花開いた。神聖な発展のこの路線は、霊感された御言葉を途切れることなく貫いている。われわれは今、四匹の小羊の興味深い麗しい物語について考えることにする。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ