数年前、私はニューヨークのロチェスターにあるとても麗しい家庭でもてなされた。その魅力的な家族の一員に、六歳くらいのとても可愛い少女がいた。彼女は私がこれまで会ってきた婦人と同じくらい探求的だった。ある日、彼女は私に近づいて、「プライス博士、あなたは説教をどこで得るの?」と言った。

 私は彼女を見て微笑んだ。もっと年長の人なら、おそらく、そのような質問はあえてしないだろう。そのような質問は困った質問だっただろう。私は心の中で、自分の説教の多くがどこで生まれたのか知っていた。この本から少し――あの本から少し――この説教者が言ったこと――注解者が述べていること――それに少しばかりの独創性を加えて、われわれは説教をつくる。確かに、私も有罪である。しかし、私はそのようなやり方で説教をつくりたくない!

 そう遠くない昔のこと、電話の呼び出し音が鳴った。印刷局が私を呼び出して、黄金の穀粒(著者が出版していた雑誌。訳注)の今号のために短いメッセージがもう一つ必要だ、と私に告げた。寝る前に私は、主が――御約束にしたがって――私の心に何らかのメッセージを与えて下さるよう祈った。四時に私は御霊によって起こされた。そしてこのささやかな説話は、夜が明ける前の早朝に私に臨んだものである。それは幾つかの園に関するものである。

第一の園

 御霊の中で私は第一の園である、美しいエデンの園を見ることができた。この罪なき谷の美しさと栄光を、著者はどれほど喜ばしい言葉で描写すればいいことか。木々には実がたわわになり、花は美しく鮮やかにたくさん咲いていた。鳥たちは歌い、川は微笑み、すべてが調和と優雅さに満ちていた。そのため、大空の彼方にある天使たちが住まう、かの幸いな地の美と栄光の幾ばくかを反射する鏡のように、その地は思われたに違いない。

 神の創造の威光は実に輝かしいものだった。しかし、男と女の形成は、とりわけ一番麗しい御業だった。彼らは罪の無い人々だった!夜明けのたびに、罪なき完全と聖潔の上に太陽は微笑んだ。そして、この黄金の球体が水平線の下に沈み始める時、神御自身がこの美しいエデンの園の中で罪の無い人間と共に歩み、会話されたのである。

 その後、堕落が生じた。

 幸いと満足のこの園の中から、アダムとエバは追放された。呪いが地の上に臨んだ。彼らは罪人だった。この時以降、彼らは暑さと寒さを忍ばなければならなかった。健康と同じように病気を、幸福に思われる束の間の時と同じように悲しみの暗い影をも忍ばなければならなかった。額に汗して人は日毎のパンを得なければならなかった。そして、この最初の園の物語は悲劇に終わった。しかし、最後の園の物語は勝利のうちに終わるのである!


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ