絶え間ない増し加わり

 われわれはこの学課を学ばなければならない。われわれは御霊でバプテスマされて、「自分は切り抜けた」と言う。「あなたは昨晩切り抜けましたか?」と、私は何と頻繁に聞いてきたことか。それに対する返答は常に「はい、切り抜けました!」なのである。何と悲劇的なことか。何と悲しいことか。彼らは切り「抜け」たのではなく、中に入ったにすぎない。彼らに対して啓示が示される人生が始まったばかりなのである。

 イエスはなおも「私に従いなさい」と言っておられる。私はあなたに言いたいのだが、イエスについて行くには真の献身が必要である。もしあなたが真に従うなら、あなたは一度も夢見たことのない成長と発達を遂げるだろう。そして、この過程は肉と自己の磔殺を意味し、あなたが御霊でバプテスマされたのち長く続くだろう!

 あなたはヨハネが好きではないだろうか。その優しくて憐み深い霊が好きではないだろうか!彼は自分の頭をイエスの胸に寄りかからせて長い時間を過ごしたため、キリストの心から溢れる愛をたくさん吸収したにちがいない。にもかかわらず、彼がパトモス島に上陸したとき、おそらく、その偉大な心の中に、疑いと恐れの影が忍び込んでいたことだろう。いずれにせよ、彼は自分のことを「苦難に与る者」と呼んでいる。これはこの老人にとって苦難に思われたに違いない。ヨハネの心はエペソにある教会と共にあったが、その体はその流刑の島で呻いていたのである。

 その時、イエスが語られた。……そして、この愛されている弟子は栄光の中へと上げられた。そのとき、御父は御手で青い幕をつかんで、歴史上初めてそれを開き、一人の人が遠く離れた世界の栄光を大いに目にすることを許されたのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ