あなたたちは今日、誰に仕えるのか選びなさい

 ヨシュアは地上の巡礼の最後に達した。イスラエルの指導権を渡す時が来たことを彼は知った。そこで、彼はシケムに全イスラエルを集めた。彼は長老たち、士師たち、権威ある全ての者たちを自分のところに集めた。そして、彼らは神の御前に出た。

 それから、ヨシュアはすべての民に向かって、「イスラエルの神である主はこう言われる」と語り始めた。そして過去を一つ一つ振り返って、民が主を受け入れた時は最初から勝利したこと、また、肉が優勢だった時は敗北したことを証明した。人の知恵が神の指導に取って代わった時、彼らは抑圧者たちの圧政によって打たれた。そして、人間的手段が時々用いられはしたが、それでも、その人間的手段の背後には何らかの力があって、それが彼らを切り抜けさせたのである、という結論に達せざるをえなかった。

 それで、ヨシュアの心からの訴えは、「あなたたちは今日、誰に仕えるのか選びなさい!」という要求をもって頂点に達した。これは、彼らが文字通り堕落して、異教や他のどこかの社で礼拝している、という意味ではなかった。しかし、真実を強調しなければならない。多くのクリスチャンは、実際のところ、半分異教徒なのである。彼らの神観念はまさに異教的である。彼らが自分の生活にキリスト教的名称や定義を与えている事実は、実際のところ霊においては異教的である事実を否定するものではない。

 本当は、多くの人がキリスト教を受け入れているのは投資としてではないだろうか?彼らは報酬を求めて生きているにすぎず、「与える」のは見返りを得るためではないだろうか?これは異教である!かなりの人が、自分の宗教経験は自己犠牲だけである、と見なしている。彼らは自己を否む代わりに、克己を実践する。そして、自分自身の禁欲の道に沿って進んで、自己を克服するために遥か遠くまで旅をする。まず神の王国とその義とを求めることを、彼らが誠実に学びさえするなら、何と多くの麗しいものを主は彼らに加えて下さることか!

 宝のあるところに、その人の心もある。それ自体は悪くないものが、人生にはたくさんある。しかし、それらのものを求める願いが思い・心・意志の中で第一となる時、それらのものは悪いものとなる。真のクリスチャンなら、神の完全な御旨が成ることで全く満足しなければならない。まず神の王国とその義とを求める時、「他のものがわれわれに加えられる」のである。

 天然の人は本能的にこの「他のもの」を求める。それらのものが生活に欠かせない、と信じているからである。おそらく、それらのものは天然の人に訴えるものなのだろう。しかし、天然の領域から引き上げられて霊の領域にもたらされる時、人生のあらゆる方面に関する神の御旨が分かるようになる境地にわれわれは達する。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ