新しい宗教改革

 そう遠くない昔のこと、私はある女性から非難された。その女性は、「神を知るには聖書研究以上のものが必要である」という私の宣言は主の御言葉を中傷するものだと思っていた。昔のユダヤ人たちは御言葉に対する自分たちの愛着を誇っていた。そして、彼らの中には、イエスの目を見つめて、「これらのことはみな、若い時から守ってきました」と言える者が複数いた。パウロのような者が複数いた。彼らはパリサイ派の中でも最も厳格な者たちであり、律法の文字にしたがって生きていた。しかし、それにもかかわらず、何と多くのものを彼らは失っていたことか。

 文字は殺し、御霊は生かす。私はさらに進んで言う。御霊によって照らされない限り、文字そのものは死んだものである。聖霊の力によって、聖書が力と光を帯び、活発で生き生きとしたものにならない限り、いかなる人も聖書を正しく読むことはできない。この恵みの経綸においては、外側の生活で聖書の行動基準に従うだけでは十分ではない。この経綸の諸々の外面的印は、内面的啓示の結果にすぎない。この内面的啓示は人の行いを一変させるだけでなく、その人自身を文字通り一変させる。

 私の友よ、カルバリのキリストはあなたの罪を贖っただけではない。キリストは、あなたが霊の目で見たものの中で最も美しい園に入るための門である!この園は御父との交わりの場所である!そこで神はあなたと語られ、あなたは神と語るのである!


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ