「さて、私たちが受けたのは、この世の霊ではなく、神からの霊です。それは、神から無代価でわれわれに与えられるものを知るためです」(一コリント二・十二)。

 聖書が紛れもなくはっきりと教えていることが一つあるとするなら、それは、われわれは神と直接交わることができる、という輝かしい真理である。おそらく、こう言うと、不明確なこともある、とほのめかしたことになるかもしれない。私が言わんとしているのは、あなたはこのような推論を引き出すべきである、ということである。なぜなら、主の御言葉を読むと、この真理を確信せざるをえないからである。極めて誠実で霊的に深い聖書学者たちでも食い違っている点がある。また、とてもはっきりとした優しい言葉で述べられているため、直接述べられているのとは異なる別の解釈をしようものなら、聖書を捻じ曲げて聖霊の御旨を妨げることになる点もある。

 人は神と交わることができるという事実は、使徒パウロが述べているだけではない。この可能性を排除しようものなら、パウロの書簡はすべて倒れてしまうし、その意義を失ってしまう。哀れな死すべき存在であるあなたや私が、主の御前に出ることができるだけでなく、実際に主と語り合えるとは、何と栄光なことだろう。主が語らなければならないことを、われわれは聞くことができる。また、神の御座から発する光の中で、それ以外の方法では人の思いや心が受け取るのは不可能なものを、われわれは見ることができる。

 この世の霊と主の霊との間には、凄まじい敵意がある!人が「神の啓示」について話し始めるやいなや、あるいは、「主は『こう』語られました」「主は『そう』するよう私たちを導かれました」と証言し始めるやいなや、人の知恵が敵対的不信の中で立ち上がって、「そんなことは不可能だ」と宣言する。コリント人へのパウロの手紙の二章の中に、主の霊とこの世の霊との間のこの敵意がとても明確に啓示されている。

 人の知識は知識量によるかもしれないが、真の知恵はあまり知識量にはよらない!私は賢い人々を大勢知っているが、彼らは「知恵がある」と思われているにもかかわらず、実に愚かで無知である。人類が抱えている困難の一つは、主の助言を求めずにずっと知識を求めてきたことである。人が堕落したのは、われわれの祖先が神から離れて知識を求めたせいである。彼らは知識の木から食べることを欲した。そして、神から離れて知識を理解したいという彼らの欲求のせいで、全被造物が堕落の闇と絶望の暗闇の中に投げ込まれてしまったのである。

 すべての異教の源は、神から離れて知ることを願う人々の欲求である。上から来る知恵を受け入れることを拒んで、彼らは自分で神々を造り出した。この神々は人の欲求を示すものであり、人の目的を果たすものだった。ギリシャ人は知識を誇った。そして、天から来る知恵を蔑んで、彼らは人間的哲学の後を追った。それらの哲学の大部分は、人間的理解の様式にしたがって造られたものであり、主の啓示から離れたものだった。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ