「その有様は人と異ならず、おのれを低くして、死に至るまで、しかも十字架の死に至るまで従順になられました。それゆえに、神もまた彼を高く上げて、すべての名に優る名を彼に賜りました。それはイエスの御名によって、天上のもの、地上のもの、地下のものが、すべて膝をかがめるためであり、また、あらゆる舌が『イエス・キリストは主である』と告白して、父なる神に栄光を帰すためです」(ピリピ二・八~十一)。

 われわれはイエスの生涯をしばしば見つめてきた。そして、おそらく、それを偉大な権威と自由とを有するものとして見てきたかもしれない。これは部分的にしか正しくない。キリストの素晴らしいパースンを見る時、われわれは神の御子が人の有様と異ならないのを見る。キリストは、まことに、聖書原典が描写しているように、「その栄光の輝きであり、その本質の明確な型である御方」である。キリストは「その本質の正確な型」だった。神御自身の本質の正確な型だったのである!(ヘブル一・三)。

 肉体をまとわれた神がそれを通して働かれた諸々の経路を、われわれは見ることができる。そして、そのどの場合においても、彼が御自身の選択を選んだことはなかったのである!自分自身の選択を通して、また、悪魔的勢力との「取り引き」を通して世を支配すべきだ、というすべての提案に対して、彼は辛坊強く、決然と背を向けた。彼が支配できたのはただ御自身の死を通してだったのである!彼は、アダムのように「自分に似ているもの」で満足されなかった。自分の母親の優しい顔を見つめても、彼の行程は変わらなかった。彼は背を向けて神の選択を選ばれたのである。

 少年期に、彼は神聖な権威をもって、「私は私の父の仕事に携わらなければなりません」と宣言された。地的姿の人々の考えや意見を混ぜ合わせて満足するようなことを、彼は決してなさらなかった。彼の目は単一であり、絶えず御自身の目標としていたもの以外のものを選ばれなかった。それは、あらゆることで御父を喜ばせる、という証しを保つためだった。

 それとは対照的に、われわれの始祖がエデンの園でした選択は何と異なっていることか。われわれの主イエス・キリストは神の選択しか選ばれなかった。アダムは自分自身の選択を選んだ。キリストは肉における神御自身の明確なかたちだった――他方、アダムはそのかたちと似姿に創造された。単一な目と、御父との合一と交わりとから離れて、アダムはこの道と模範から逸れて行き、善悪を知る知識の木を選んだ。それはまったく悪いものではなかった。事実、それもまた良いものだった。しかし、それは二重のものであって、単一のものではなかった。もともと、すべては良かったのである!堕落して神の選択から離れた後、善と悪が生じた――二重性、混合が生じた。エデンの園の中央には命の木もあった!今日、人類が夕方の涼しい頃に歩く時、神の園には両方の木が立っている。善悪を知る知識の木(選択と目的の二重性)と命の木(神との合一)である。神の愛子にはただ一つの選択、御父の御旨しかなかった。われわれの始祖は離れてさすらいの地に行った。自分自身の選択を選んで、善と悪の両方を知った。視線を漂わせて昨年のことやその頃持っていた特権を振り返るなら、われわれは単一な目から離れたことになる。そして、古の始祖と同じように、神が定められたあの道から逸れたことになる。時として、われわれはロトの妻に降りかかった厳しい裁きにとまどう。彼女はソドムを振り返った。神が命じて、彼女のために救いの逃れ道を備えて下さったにもかかわらずである。そこに住むことをかつて神が容認された地を振り返ることは、彼女にとって小さなことに思われた。しかし、今や、神は彼女を山へと召されたのである。彼女とその夫はその寂しい神の山頂に滞在することになっていたのである!


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ