この世は四つの自由について語る。しかし実際には、一つの自由しかない。それは自分自身から自由にされることである。自分の自己からの普遍的自由である!キリストが内側で支配される時、われわれは自己から自由にされる!そして、キリストが外側の諸国民を支配される時、彼らは互いに自由になる!これ以外に何の自由もない。

 これらの事柄を理解する時、われわれの自己から解放する御方が来て下さった事実を、われわれは見上げて理解する。「シオンから解放者が出る!」(ローマ十一・二十六)。キリストの統治が始まるとき、自己の統治は退出しなければならない。なぜなら、「父なる唯一の神」がおられるだけだからである。「万物はこの御方から出て、私たちもこの御方の中にあります。また、唯一の主イエス・キリストがおられるだけです。万物はこの御方により、私たちもこの御方によっています」(一コリント八・六)。「からだは一つ――御霊も一つです。あなたたちがあなたたちの召しの一つ望みの中で召されたのと同じです。主は一つ、信仰は一つ、バプテスマは一つ、万物の神また父は一つ。この御方はすべてのものの上にあり、すべてのものを貫き、あなたたちすべての中におられます」(エペソ四・四~六)。そして敵も一つである――すなわち自己である!

 「この世の友となることは神に敵対することであることを、あなたたちは知らないのですか?」(ヤコブ四・四)。「世と世にあるものとを愛してはなりません。誰でもこの世を愛するなら、御父の愛はその人の内にありません。なぜなら世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢は、御父からではなく世から出ているからです。そして、世とその欲は過ぎ去ります。しかし、神の御旨を行う者は永遠に永らえます」(一ヨハネ二・十五~十七)。自己がその中で肥え太ってきたこの世の体系は、「御父」が植えられたものではなく、「われわれの父である悪魔」の呪いの下にあるアダム族の呪いが成長したものであり、またその結果である。われわれは自己の背後から羊毛を着せられてきた。自己の産物である羊毛である。われわれは自己を撫でて、自己を高く上げてきた。そしてとうとう、自己はグリーンベイの木のように成長して広がってしまったのである!自分が「惨めで哀れな者であり、貧しく、盲目で、裸である」ことをわれわれは知らない。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ