われわれはどれだけ神から奪ってきたことか!神から十分の一や献げものを奪ってきたことか!神に十パーセント与えたとしても、神から奪っているおそれがある。二十パーセント与えたとしても、神のものを神に与えていないおそれがある。神に九十パーセント、あるいは九十五パーセント与えたとしても、依然として神から奪っているおそれがある。神は今、百パーセントの明け渡しを求めておられる!百パーセントの完全さではなく、百パーセントの明け渡しである。百パーセントの業績ではなく、百パーセントの明け渡しである。百パーセントの所有ではなく、百パーセントの放棄である。われわれが喜んで放棄する時、神がわれわれの所有する分となって下さる。われわれが神を得る時、われわれはすべてを得る。なぜなら、キリストはすべてのすべてだからである。われわれは、「私たちはキリストの内にすべてを持っています」と勝ち誇って歌うことができる。

 キリストが買い取られたものをキリストに与えないなら、われわれは彼から奪っているのではないだろうか?キリストが死なれたのは、われわれを贖うためではなかったか?われわれは自分自身のものではない。それならなぜ、われわれは自分自身を保つことに固執するのか。自分の肢体をキリスト以外のものに従わせている時、われわれはキリストから奪っているのではないだろうか?キリストがわれわれを召される時、キリストは「私にあなたの時間を与えなさい。もしくは、私にあなたの奉仕の幾ばくかを与えなさい」とは仰らない。「私にあなたの心を与えなさい!」と仰るのである。そして、この心とは、われわれの持ち物全部、われわれの全存在を意味する。われわれが心を明け渡して、完全に服する時、キリストが中にやって来て所有される。その御声の音は何と甘いことか!この神聖な内住の意識は何と素晴らしいことか!われわれがキリストの語りかけを聞く時、頭脳や理解力によって聞くのではない。むしろ、われわれは自分の内なる存在から神に手を差し出すのである。他の人々が語るのをわれわれが御霊の中で聞く時、その人々の命はキリストと共に神の中に隠されていることをわれわれは知る。われわれは内側から流れる神の命を吸い込むスポンジのようになる。まずこの内側の流れを受けない限り、われわれはこの外側の流れを得ることができない!この川は御座の下から発する。しかし、それはキリストが御座に着いておられる時だけである。キリストが御座に着いておられない時、この川は止まる。この川がキリストから流れていないという感覚が生じる。なぜなら、キリストは川だからである。キリストは命である。道である。真理である。そしてこの神聖な流れの中で、われわれはキリストの復活の力をもって浸透されるようになる!キリストの甘い御声に耳を傾けよ!今日、キリストに明け渡せ!「私の息子、私の娘よ、あなたの心を私に与えよ!私に治めさせよ!心をことごとく私の方に向けよ!あなたは失敗を犯してきた。あなたは空っぽである。私が私の輝かしい豊かさと共に臨み、内側で生きて統治するのを受け入れよ!その時、私の中で、あなたは生き、動き、存在するようになるのである!」。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ