「その時、彼は言われた。私が来るまで商売しなさい」。疑いもなく、キリストが言及されたのは、昨今の諸大陸を揺るがすことになるあの外面的な来臨のことである。しかし、われわれはそれが意味する範囲を、かの出来事だけに限定してこなかっただろうか?ここでもまた、外面的なものにはそれに対応する内面的なものがある。私が来るまで商売しなさい!キリストが来られるまで、われわれは商売をしなければならない。その後、キリストがその支配権を引き継がれる。そして、われわれの内側にあるのは、もはや私ではなくキリストになる。これはカルバリの英雄的な事実に同意すること――これは正統的ではあるが――ではない。これはカルバリのキリストを内側に受け入れることである!これはキリストと共に死ぬこと、キリストと共に十字架に付けられること、キリストと共に葬られてキリストと共によみがえることである。これは、自己の命が出て行って神の命が入って来るまで、キリストと一体化されることである!その時、キリストはわれわれの命であることをわれわれは見出す!なぜなら、「私は復活であり命です。私を信じる者は、たとえ死んでも生きます!」とキリストは宣言されたからである。生きるために死ななければならないことを、キリストはわれわれに示しておられる。二つの命が権威を持つことはありえない。「さて、兄弟たちよ、私はあなたたちに告げます。肉と血は神の王国を継ぐことはできません。朽ちるものが朽ちないものを継ぐこともできません」(一コリント十五・五十)。

 キリストがわれわれの命であることをわれわれは理解する。体・魂・霊のための命である!この神の命はわれわれが出て行くのに応じて現れる!われわれが減少する時、キリストは増し加わる!もし減少することを拒むなら、われわれは彼が増し加わるのを妨げるのである!エノクは神と共に歩んだ、とわれわれは教わっている。彼は甘く幸いな交わりを持っていた!疑いもなく、エノクはますます減少して行き、とうとうエノクがなくなる時がやって来た!その時、神は彼を取られた。肉と血は王国を継げない。アダム族は決してその門を通れない。われわれが大いに誇ってきた肉、血、人の理性や理解力は、御霊の流れの前で降参しなければならない。われわれがキリストの外面的統治に与れるようになるには、まずキリストが内側で支配しなければならない。キリストがわれわれの王座に座すことをわれわれが許すとき、キリストはわれわれを高く上げて、彼と共に彼の王座に座らせて下さる。そして、われわれはキリストと共に永遠に支配するのである!

 われわれはこの命を「理解する」のではなく、この命に「成る」のである!この命は無限でわれわれには理解できない。永遠でわれわれの有限な知性では把握できない。部分が全体を含んでいるだろうか?われわれの理性で神を包囲することや、われわれの理解力で神を網羅することができるだろうか?この世は知恵をもって神を知ることは決してなかった。神の霊の流れの中に生きることを学ぶとき初めて、神は御自身を啓示して、御自身とその御言葉とその真理とを理解するためのわれわれの霊的理解力の目を開いて下さる。説明して下さい、と神に求める必要はない。内側で起きているのは、われわれは「そう成りつつある!」ということである。これは創造的命であって、理性の所産ではない。理解力がなくても、信仰はこれに成る!もし理解力があるなら、われわれに信仰は必要ない。キリストの内住の照らしがなくても理性がそれを奉じることができたなら、彼の信仰を分与してもらう必要はなかっただろう。彼であるところの信仰、そして、彼が分与して下さる信仰は、信じようとするわれわれの葛藤ではない。われわれの道を邪魔するあらゆる障害物にもかかわらずわれわれがそれを受け入れるのは、意志の肯定によってではない。太陽が輝く時、そこに光があるように、信仰もまたそこに現存する。もしキリストが内側に住んでおられるなら、なぜ信じようと葛藤する必要があるのか。この事実はあまりにも圧倒的なので、それを信じようと葛藤する必要は全くない。事実、これはそれを信じる問題ではなく、それに成る問題なのである!


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ