主はなおも御自身の民を導かれる

 雲の柱と火の柱によってイスラエルの子らを導かれた御方は、御自身が贖った者を人生のあらゆる紆余曲折を通して導いて、麗しい故郷の真珠の門に至らせて下さる、という姿勢をなぜわれわれは取ることができないのか!これはパウロがはっきりと教えたことである。彼が「何事も思い煩ってはなりません」と言う時、それは心配するなという意味である。イエスに信頼せよ。彼はあなたを最後まで導いて下さる。夜が暗ければ暗いほど、ますますあなたは信頼することができる。道がうねっていればいるほど、ますますあなたは彼に堅く信頼する必要がある。

 「さて、主よ、私はあなたが選ばれたこの道が好きではありません。私に自分の道を選ばせて下さい」と、あなたはかつて主に言ったことがあるだろうか。あなたは私に微笑んで、「いいえ、決してそんなことはしません」と言う。よろしい、それでは、あなたにささやかな質問をしたい。時として自分が選んだのではない道にいることが分かると、なぜあなたは不平を鳴らして眉をひそめるのか?

 だから、私の友よ、何事も思い煩ってはならない。心配するな。主は近い!言い換えると、主は遠く離れてはおられない。事実、主は息よりも近いのである。何事も思い煩ってはならない!


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ