解放

 この新創造の命はわれわれを神の愛する御子の王国の中にもたらした。もはやわれわれは、かつてわれわれを支配していた諸々の律法や、われわれの人間性の卑しい部分の奴隷ではない。そうしたものからわれわれは永遠の契約の血によって解放されたのである!あなたは新創造である!あなたの命の潮流は全て反転した。私が次のことを述べる時、「理解力を照らしてくださいますように」と私は聖霊に祈る。あなたが低い領域から高い領域に昇るとき、あなたが御霊の領域に入る時、肉の命があなたの古い性質に自然なものだったように、あなたの新創造の霊の命はあなたの新しい性質にとってきっと自然なものになるだろう。この新しい領域の中を従順に歩むことが、霊的に自然なことになるだろう。それは苦闘ではない。戦いではない。

 魂的性質の境界近くにいる人、肉に対して扉を開いている人の命の中には戦いが生じる。罪を犯すことはかつてあなたにとって難しいことではなく全く自然なことだった。それと同じように、今や新創造の命により、陽光に照らされた従順の小道を神の霊に導かれて歩むことが、あなたにとって自然で、天性に適った、自動的なものになる。そして、あなたは自分の耳を神の御声に傾けることを学ぶのである。

罪定めはない

 あなたはこれを読んだことがあるだろうか?「それゆえ今や罪定めはありません!」。それは過ぎ去った。われわれは解放された人々である。われわれは下劣なもの、物質的なもの、肉的なものを超越するすべを心得ている。新しい世界があるのである!われわれは新創造なのである!われわれは御霊にあって昇ることができ、そこで神と会話するのである。われわれは雲の間を歩いて進むことができる。そして、そこで出会う諸々の栄光は、地の物質的事柄を価値を失った安物の宝石や些末事のように思わせる。

 われわれはこの世の事柄については貧しいかもしれない。しかし、ああ、信仰においては何と富んでいることか!ピリピ三・二十はわれわれに告げる、「なぜなら、私たちの国籍は天にあるからです。そこから、救い主、主イエスの来られるのを、私たちは待ち望んでいます」。これは将来のことではない。今のことである。

 これらのことを昇天の真理と呼ぶことができよう。この飛翔は上向きである。自己から出て、肉から離れるのである!天然に属さない領域の中に入るのである。肉や血は神の王国を継ぐことはできない。しかし、神の子たちにはできる!しかし、われわれはまず霊的な存在にならなければならない。主に結ばれるのは天然の者ではなく霊の者であり、それはこの聖なる合一による。こういうわけで、富んでいる人が神の王国に入るのは難しいのである。この「富む」という言葉はこの世の持ち物で満たされることだけだと思ってはならない。知的に富むこと、知識に富むこと、業績を誇る思いをも意味するのである。決意に富むことをも意味するのである!この世の持ち物に自己満足することをも意味するのである!

 しかし、御霊の領域に入ることを望むなら、われわれは世とその所有とを求める願いを下さなければならない。なぜなら、われわれが霊の領域の中を昇れば昇るほど、天然的で一時的なものに属するものはますます重要ではなくなってゆく、というのは絶対的に正しいからである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ