聖霊が御自分の諸々の賜物を分け与えられるのは、ただ献げられた心と命に対してであり、明け渡された霊に対してである、という結論に達することができていたなら、われわれの中の何人かは神の御前で顔を伏せていただろう。私は熱心に最善の賜物を欲する。それらの賜物を楽しみたいからではなく、奉仕に用いたいからである。最後の大いなる日に至ることを私は望んでいる。その日、私は顔と顔を合わせて私の救い主とまみえ、その祝された御足下に私の戦利品を捧げる。私の友よ、あなたの周りには地獄に沈みつつある世界がある。あなたの隣人たちは失われており、あなたの親戚たちは失われており、あなたたちの友人たちは失われている。彼らが自分たちの諸々の罪の宥めとしてのカルバリの血を受け入れない限り、彼らは失われているのである。結局のところ、不信のこの巨大な世界を前にして、われわれは何と無力なことか。われわれが聖霊のバプテスマを証しする時、主を十字架に付けた背教の教会は、新たにわれらのことを「狂信的だ」と呼ぶ。この時代の精神は神から漂い去ることである。

 われわれの学府のほとんどは無神論的であり、この国の講壇は神の御言葉を否定する説教者たちで満ちている。われわれは何と無力なことか!何と無能なことか!この世に手を差し伸べることが必要である。われわれにできるだろうか?兄弟よ、われわれには出来ないが、神はわれわれによって、われわれを通してそれをすることができる。これが聖霊来臨の理由である。これが聖霊の務めの目的である。聖霊が私にとってどんな意味を持つのか、そして、私がどれほど聖霊に私を通して働き、語ってもらうことを欲しているのか、私以上に誰も分からないだろう。教会における聖霊の素晴らしさ、栄光、力を私以上に感謝している人は誰もいない。ああ、聖霊が教会を通して働いて機能されるのを見ることを、私はどれほど望んでいることか。

 兄弟よ、だからあなたにはあなたの賜物があり、私には私の賜物がある。あなたの賜物は私のものではないし、私の賜物はあなたのものではない。しかし、われわれは二人とも同じ聖霊、私とあなたを導く御方を持っている。あなたは自己を十字架に付けただろうか?あなたは本当に支配と導きと案内を御霊に任せているだろうか?あなたは自分の権益を祭壇の上に置いているだろうか?人の栄光のためではなく主のために、あなたは働き労しているだろうか?あなたが伝道者でいるのは、それによって利益が得られるからだろうか、それとも、あなたが宣べ伝えているのは、それによって主に益をもたらせるからだろうか?あなたは本当に自分の体を神に受け入れられる生きた聖なる供え物として献げただろうか?どうか主がわれわれを助けて下さり、われわれを真実で誠実な者として下さいますように。もしわれわれが本当に献げられているなら、もし隠れた動機が何もないなら、もしわれわれがカルバリの扉を通って入り血を通して救われているなら、われわれはこの大きな刈り入れ場で「彼と共に働く働き人」となるべきである。互いに愛し合え。われわれは一つからだの肢体たちとして協力しなければならない。教会奉仕における御霊の務めは美しく調和に満ちたものになるが、それでも力に満ちたものになる。賜物が現される時、それにはある目的がある。聖霊が働かれる時、聖霊はそのどの働きにもある目的を持っておられる。それは不快なものにならず、むしろ、まさに天の栄光がわれわれの集まる場所を覆うのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ