御霊に満たされている人々でも霊の諸々の賜物に関して無知であるおそれがある。聖霊の諸々の賜物を受けた人々ですら、クリスチャン生活の奉仕でそれらを用いることに関して無知であるおそれがある。御霊の「賜物(単数形)」と御霊の「諸々の賜物(複数形)」との間には違いがある。御霊の「賜物(単数形)」が意味するのは、聖霊御自身が人々に与えられるということであり、聖霊は中に入って宿って下さるという保証付きである。聖霊は「パラクレートス(parakletos)」であり、傍らで働いて助けて下さる御方である。聖書は極めてはっきりと、御霊を持つことと御霊に満たされることとの間の違いを教えている。「御霊はあなたたちと共におられる」とイエスは言われた。「しかし、御霊はあなたたちの中にいるようになります」。聖霊御自身がわれわれの心の中にやって来て住んで下さる。御霊は教会に対する神の賜物であり、御霊の来臨によりこの約束は成就される。「あなたたちは聖霊の賜物(単数形)を受けます」。

 御霊に満たされている人は自分の人生という木の上に聖霊の実を結び始める、最初、それは大きくて熟している甘い実ではないかもしれないが、それでもやがてそうなる。たとえ熟していなくて小さくても、大きくて熟している甘い時と同じように、リンゴはリンゴである。その実は生来リンゴであり、リンゴなのである。なぜなら、リンゴの木がリンゴの実を実らせるのは自然なことだからである。聖霊の賜物、すなわち、聖霊のあなたの心の中への来臨が元々意味するのは、あなたの人生という木に実が実り始めるということである。御霊に満たされた人はみな、御霊の実を現すべきである。

 聖霊が入って来られる時、われわれの心の中に何という変化が起きることか!使徒二・四にしたがって聖霊によってバプテスマされる時、われわれの生活の中に何という変革が生じることか。もしそれが本物の深い聖書的なものなら、愛が妬みや嫉妬に取って代わり、忍耐と優しさがその代わりに育つ。これを育もうとしてもがく必要はない。それは自然に成長するからである。リンゴの木でリンゴが成長するように、それはたやすく自然に成長する。その大きさは増して行く。ますます甘くなって熟して行き、ますます美しくなる。これは本当のことである。主を賛美せよ、これは同じままである。それはわれわれの奮闘の成果ではない。御霊の実である。それはわれわれ自身の意志による実ではなく、御霊の実である。われわれ自身の努力の結果ではなく、御霊に完全に支配してもらったからに他ならない。聖霊の臨在が御霊に満たされた生活の実として現されることのゆえに、主の御名を賛美せよ。

 しかし、御霊の諸々の賜物(複数形)は御霊の賜物(単数形)の後に分け与えられる。言い換えると、この賜物を受けるには与え主を得なければならない。与え主御自身の行い以外のいかなる手段によっても、御霊の諸々の賜物を受けることは誰にもできない。イエスは御霊を与えて下さり、御霊は諸々の賜物を与えて下さる。あなたが聖霊を受けていて、神の事柄について輝かしい経験をしていたとしても、それでも聖霊の賜物を少しもあるいは全然持っていないおそれがある。一度も受けたことがない賜物を人が働かせようとする時、御霊だけがなしうることを人が肉によってしようとする時、狂信が生じる。御霊がわれわれにさせようとしておられることをわれわれが行う時、教会の中には完全な調和と協調がある。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ