最後の時代まで保留されてきたある事柄がある。「時代の満了の経綸」のその最後の時代、主は最後の覆いを取り去られる。そして、われわれは完全に完成される間際にある主の御計画の栄光を見る。「そこでイエスは彼らに言われた、『あなたたちは、神の王国の奥義を知ることを賜っているが、外の人たちには、これらすべてのことがたとえで語られる』」(マルコ四・十一)。

 主がこの御言葉で述べておられる二種類の人々がいる。「あなたたち」と「外の人たち」である。知ることを賜っているのは一部なのである!それは人間的理解力の所産ではない。キリストの正体についての啓示がペテロの幸いな心の水平線上に臨んだのと同じように、この真理は開示され、明らかにされ、啓示される。「父よ、あなたに感謝します。あなたはこれらの事柄を知者や賢い者から隠して、赤子たちに啓示して下さいました」というイエスの御言葉を思い出せ。

 ここでもう一度、「啓示」というこの熱烈な言葉が現れる。ここでもう一度、真理の啓示・開示はわれわれが愛し仕えている御方からの賜物である、という真理が直接的に述べられている。祝福された慰め主は、キリストに属する事柄、秘密の事柄を受け取って、それをわれわれに啓示する力を与えられた。そして、われわれは自分が知られているように知るようになる。それは習い覚えた知識ではなく、分与された理解力であり、御霊の力によって分与される。

 エペソの教会への手紙の一章九節でパウロはこう述べている、「神は御旨の奥義を私たちに知らせて下さいました。これは、神が御自身の中で計画された彼の大いなる喜びによるもので、時代の満了の経綸の時に、天にあるものも地にあるものも、すべてのものをキリストにあって一つに集めるためです」。

 アダムに属する人は失敗を犯してきたし、諸国民は混乱の中にある。酷い暗闇が地を覆っており、夜陰が水の面にある。それでも、小羊が行くところにはどこへでもついて行くレムナントが常にいる。花嫁と天の花婿との間には依然として合一が存在する。神の計画は依然として完成されるのである!何もそれを止めることはできないし、何もそれを妨げることはできない!


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ