この物語は、コンリーという名の年老いた農夫と共にアイオワから始まる。これから話す人が生まれた時、コンリー夫妻はその赤ん坊を主に献げた。

 月日が流れた。ジョーは良い子で家族の自慢だった。高校時代が終わったある日のこと、彼の父親が彼のところに来て言った、「ジョー、なりたいものは決まったかい?」。ジョーは、そのことについて祈ることにする、と答えた。二週間後、彼は父親のところに来て言った、「牧師になることにします」。

 文学士号を受けた後、彼は三年間神学校に行って奉仕のために備えた。ある日、教授の一人が彼に言った、「知っていますか。われわれが神や聖書について元々信じていたことには、多くの迷信が混じっているんですよ。君は聡明な学生です。あらゆることを慎重に考慮すべきです。私は君にダーウィン、ルナン、ハックスレーといった哲学者たちの本を全て読んでほしいのです」。

 卒業後、彼はアイオワにある小さな教会の牧師職を受けた。そしてそこにいる間に、素晴らしいクリスチャンの女性と結婚した。三年後、彼はカリフォルニアにある教会に異動になった。その場所で彼の魂の中に大きな戦いが始まった。

 彼は名誉学位を受け、牧師職に邁進した。しかしその間ずっと、彼は信仰ではなく理性や理知主義の観点から聖書を見て、解釈していた。

 大学で彼の心の中に蒔かれた種が実を結び始めたのは、カリフォルニアのその地においてだった。ジョーは妻に「自分は偽善者だと感じるようになりつつある」と打ち明けた。そしてとうとう、「辞めることにする。もう耐えられない」と言った。彼はキリストの処女降誕や奇跡を否定した。そして、ある日のこと、ジョー・コンリー博士は講壇に行って言った、「友人の諸君、私は聖書を信じることができません。何年ものあいだ、私の心には葛藤がありました。ですから、私が説教するのはこれが最後です」。

 彼は才能ある文筆家だったので、すぐに新聞の編集者としての職を得た。しかし、彼は喫煙、飲酒、少々の賭博をやり始めた。状況は悪化の一途を辿り、最悪になった。飲酒のせいで出勤できない日がたくさんあった。そのため、すぐに仕事を失ってしまった。彼はよその町の他の多くの新聞社で編集者として働いたが、どの職も失ってしまった。彼は今やほとんど常に酔っぱらっていたからである。尊敬されている学識ある牧師だった人が哀れな酔っぱらいになり、ボロ切れをまとってうろつくようになったのである。彼は痩せこけた。そして、目のくぼんだ、冒涜と呪いと罵りとをわめき散らす人になった。

 ある日、路上にいると、彼は誰かに出くわした。コンリー博士はいつものように酔っぱらっていた。その人は彼に気づいた。「昔、私の牧師だった方ではありませんか!こんなところで何をしているのです?自分の目が信じられません!」。この優しい医者のクリスチャンは彼を自分の家に連れて行って風呂に入れ、新しい服を与えた。コンリー博士はその服を質に入れて酒に費やした。彼の手に入ったペニー硬貨はみな酒代になった。そしてとうとう、彼は人がなりうる最低の者に成り果てた。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ