しかし――この件は何と悲惨に見えることか!彼は御自分の民のもとに来られたのに、彼らは彼を受け入れなかった。彼は暗闇を照らす光である。しかし、暗闇はそれを理解しない。彼はすべての預言の言葉の成就だった。しかし、預言の学徒は彼を認めなかった。彼は必要を抱えている民に声をかけられたが、彼らは彼に対して耳をふさいで、迷信や御伽話に従って行った。彼は御自身を、多くの人のための身代わりとして献げられたが、人々から蔑まれ、拒絶された――悲しみの人で病を知っていた。

 彼がベテパゲの広く伸びた木々の下に立って、こう言われたのも無理はない。「ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、自分に遣わされた者たちを石で打つ者よ。雌鶏が自分のひなを翼の下に集めるように、何度わたしはおまえの子たちを集めようとしたことか。しかし、おまえたちは応じようとしなかった!見よ、おまえたちの家は荒れ果てたまま、おまえたちに残される。なぜなら私はおまえたち言う。主の御名の中で来られる方に祝福あれ、と言うまで、今から後、おまえたちは私を見ることはないからだ」(マタイ二十三・三十七~三十九)。

 彼らの盲目的無知と迷信とにより、彼らは彼の言われたことが分からなかった。その意味についてはなおさらだった。彼は、私はパンである、と語られた。しかし彼らに思いついたのは、幾世紀も前に荒野の焼け付く砂の上に天から下ったマナのことだけだった。彼は生ける水の川々について語られた――その水は彼御自身だった――しかし彼らに思い描けたのは、水ためから汲んだ水を石造りのいわゆる祭壇の上に注ぐことにすぎなかった。人は――今日も――単純に彼を受け入れる以外のことなら何でも喜んでするのである!


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ