少数の人々だけが自然と超自然の緊密な関係――体と霊の緊密な関係を理解している。われわれはこの二者を引き離して、遠く隔たった領域の中に置くという間違いを犯してきた。そのせいで多くの人は、主は自分たちの霊的必要しか満たせない、と考えている。このような有様のとき、肉体を持つ人であるわれわれのために血で買い取られた輝かしい諸々の特権を、われわれは必然的に見落とすことになる。

 われわれの主の偉大な贖いの御業は人全体――体、魂、霊――を網羅する!それは肉体的必要の領域に届きさえする。イエスは弟子たちに言われた、「何を食べよう、何を飲もう、何を着ようと言って、思い煩ってはなりません。あなたたちの天の父は、あなたたちがこれらのものを必要としていることをご存じだからです。しかし、神の王国とその義をまず第一に求めなさい。そうするなら、これらのものはみな、それに加えて与えられます」(マタイ六・三十一~三十四)。この御言葉は推論的発言ではなく、直々の明確な宣言である。イエスは「あなたたちの天の父は、あなたたちがこれらのものを必要としていることをご存じです」と述べただけでなく、「天の父はそれらのものを供給して下さいます」とはっきりと約束して下さったのである。

 霊のものと天然のものとの間には、とても緊密なつながりがある。彼の弟子たちは天然のものを求めるべきではなく、その代わりに霊のものを求めるべきだった。彼らはまず王国を見いだして、次に王国の中に入らなければならなかった。そうするとき、彼らは自分たちの生活のすべての必要を満たす豊かさを見いだす。これはわれわれの主の直々の約束だったのである!

 イエスがこの地上に来られる数百年前、神の預言者の一人が、自分は人間によるいかなる供給源からも遠く離れたところ――小川のそば――にいることに気がついた。そしてその場所で神は、朝と晩の薄明かりの時に、食物を持ったカラスを送ることにより、この預言者に対するご自身の御言葉を守られた。やもめの食物入れは空っぽになるおそれがなかった。それは、神の宝物庫の無限の供給のおかげだった。神が食物を賜ったのは、やもめが食物を求めたからではなく――彼女が神に従ったからだったのである!

 その命令は常に「神の王国をまず第一に求めなさい!」である。こういうわけで、天然のものを霊のものに明け渡すこと、自分たちのアダム的性質を祭壇の上に置くことが強調されているのである。それは、キリストが私たちに対して霊的に、次に肉体的に、すべての約束を果たせるようになるためである。

 主の命令は常に創造と「再創造」だった。天然のものが最初であり、その後、霊のものが続く。エレミヤ書十八章にこう記されている。「主からエレミヤに臨んだ言葉。『立って、陶器師の家に下って行きなさい。その所で私はあなたに私の言葉を聞かせよう』。そこで私は陶器師の家へ下って行った。すると見よ、彼はろくろの上で作品を造っていたが、粘土で造っていた器が、その人の手の中でし損じたので、彼は自分の意のままに、それをもって他の器を造った。その時、主の言葉が私に臨んだ。『ああ、イスラエルの家よ、この陶器師がしたように、私もあなたたちにできないのだろうか』」。「つぎはぎ細工」をすることが創造者の御旨だったことは決してない!最も酷い罪人でも、創造者の御手に自分を委ねるなら、「新創造」となる。体は病になるかもしれないが、霊はそれを癒す!砕かれた粘土は、永遠の陶器師の御手の中に再び委ねられなければならない。それは、彼が自分の意のままに、それをもって他の器を造れるようになるためである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ