私の心の鐘が鳴っている。私の主はわれわれのすべての必要を満たせることを、私は知っているからである。恵みの倉は溢れるほど満ちており、その量はとても豊かなので、われわれのこの心や知性では想像できない。われわれは地的・時間的限界を相手にしているが、神は無限で永遠のものを相手にしておられる。神は常に溢れるほど与えて下さる。使徒は「この御方はすべての人に気前よく与えて下さいます」と述べた。神の恵みは尽きることがなく、その無尽蔵の供給に不足はない。

 それにもかかわらず、このような霊的貧困が存在するとは、悲劇だと思われないだろうか?これは、啓示・認識された真理の欠けた輪を見いだせるよう、祈って御顔を求めるようわれわれを促す問題ではないだろうか?確かに、神は十分に持っておられ、その十分さは神の約束によって裏付けられている。そうである以上、われわれが悲しみと欠乏の中に居続けるようなら、間違いなく、どこかで何かが欠けているのである。

 この恵みの経綸では、神ご自身の臨在への扉は開かれており、われわれは一つの結論に達せざるをえない。すなわち、信仰は、それによって望んだものを所有する、本質もしくは力なのである。信仰は望んでいるものの実体であり、見えないものの証拠である。これは霊感された御言葉の中でも、信仰の何たるかの定義に最も近いものである。その潜在的力にもかかわらず、信仰は触ることのできない日用品である。その重さを量ることはできないし、容器の中に閉じ込めることもできない。物理学の領域で、一つの包括的文章によって、エネルギーを定義しようとするようなものである。

 原子はそれ自身が一つの宇宙であると、われわれは教わっている。こんなにちっぽけな「宇宙」の中に含まれている潜在的力はとても凄まじいので、一般の人の知性はそれに困惑してしまう。しかし、それを定義しようとすると、諸々の困難の中に飛び込んでしまう。信仰もまたそれに似ている。知らぬ間に信仰が魂に臨むのを感じることが、これまで度々あった。そして遂には、理性に状況を任せていたなら、言ったり行ったりするのが憚られることを、敢えて言い、行うようになったのである。おそらく、信仰は一粒のからし種のような小ささで到来したのだろうが、それは言葉や行いを通して圧倒的な力で流れ、遂には主の力ある御業を見て人々が驚いて立ち尽くすようになったのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ