一九二四年十月十九日土曜日、イエスは私の無力な足で私を立たせ、痛みなしで歩けるようにして下さいました。そして、喜びのうちに私を帰路に送り出して下さいました。本当に、私の夫も私もそれ以来喜んでいます――イエスにあって喜んでいます!健康、力、活動の十六年間でした。この年月のあいだ、肉体的に本当に試されることが何回かありました。骨折や信仰上の様々な試練がありました。しかし、たとえあなたがよくご存じだったとしても、私はあなたに再び言いたいのです。神の約束は色あせることがなく確かです。私たちの神が全ての栄光をお受けになりますように。イエスがパリで――そこで私たちはあの福音集会中、偉大な癒し主を見いだしました――私たちを引き受けて下さってからというもの、私の夫も私も、いかなる種類の治療も少しも受けたことがないからです。

 イエスへの感謝と賛美のうちに、プライス兄弟、この偉大な御業であなたが果たした役割のゆえに、私たちはあなたにも再び感謝したいと願います。パウロのように、あなたは天の幻に対して不従順ではありませんでした。あなたは決して妥協せず、イエスは今日も病人を癒して下さることを省かずに、全真理を宣言されたからです。

 私の夫も私も体は良好です。私たちの医者であるイエスに、すべての栄光と賛美がありますように。錠剤も塗布薬も決して必要ありません。約束は十分です。ハレルヤ!イエスは決して、決してしくじりません。

 私たちはあなたのために祈り続けます。あなたが常に聖霊によって導かれますように。過去の年月よりもさらに偉大な奉仕のために上から油塗られて、キリストの測り知れない富を宣べ伝えますように。

 私が書いているあいだ、聖霊がどれほど私を温めて、神の力が私を奮い立たせて満たして下さっていることか。ハレルヤ!イエスは生きておられます!どうしてわかるのでしょう?神に感謝すべきことに、彼は内側に生きておられるからです。クリスチャンとしての心からの愛をみなさんにお送りします。あなたに絶えず感謝している、イエスにある友より。

ジョンソン兄弟姉妹



オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ