親愛なるプライス兄弟へ
ローレル、オンタリオ、一九四〇年十月十二日


 クリスチャンとしてご挨拶します!ああ、ハレルヤ、イエスのおかげで喜びの鐘が私の心の中に鳴り響いています!

 私の体になされた偉大な奇跡の新たな記念日が近づくにつれて、私の夫と私の思いと熱意は、特別にあなたに向かいます。神に感謝すべきことに、一九二四年十月十九日のあの晩、祝されたキリストが私たちのところに来て、御力と御臨在を有り難いことに私たちに現して下さいました。

 なんと素晴らしいものをキリストは私たちに与えて下さったことか!キリストは、御自分の弟子であるあなたを用いて、私の魂を救うだけでなく、私の体をも癒して下さいました。本当に私は哀れな状態にありました。そうではないでしょうか、プライス兄弟?私は霊的にも肉体的にも大きな必要を抱えていました。霊的に、私は救われていると思っていましたが、実はどっちつかずの態度を取っていました。主のものがありすぎてこの世を楽しむことができず、この世のものがありすぎて主を真に喜ぶこともできなかったのです。

 あなたが純福音を説いてくれたおかげで、主の真の喜びが私の心の中に臨みました。私の夫にも臨んでとどまっています――私たちの多くの罪はイエスの清める血によって洗い流された、という確信と共に。この点に関する私の状態をあなたはよくご存じでした。私があなたの集会に連れて来られた時の私の無力さを、あなたは御自分で御覧になることができたからです。私は歩くことも立つこともできませんでした。イスに座る時、普通の方法で自分の足を床の上で休ませることすらできませんでした。無力な十年ものあいだ、私の忠実な夫の腕に運ばれて、絶えず苦しんでいました。すると、その時、イエスは再びエリコの道を歩んで、あなたの集会中、私の道に来て下さいました。ああ、そうです、私がこれを話すのをあなたは何度も聞いてこられました。しかし、私はもう一度あなたに話したいのです。私の夫や私にとって、この物語は決して色あせることはありません。それはイエスだからです。親愛なるイエスだからです。

 これについてあなたに話す時、私の心は溢れ流れます。涙も流れます。イエスの愛が私を溶かして、賛美と感謝のうちに御前にくずおれさせるからです。そうです、イエスは病んだ体を今日も癒して下さいます!この福音を語り続けて下さい、プライス兄弟、私たちの周りには多くの病んで苦しんでいる人々がいるからです。神の御言葉は私たちに告げています。イエスは、大昔この地上を歩まれた時、足なえ、盲人、らい病患者、あらゆる種類の病を癒された、と。彼は、私たちが生きている今の時代にも、まったく同じことをして下さることを、私たちはよく知っています。彼の御力は衰えていません。彼がカルバリで負われた、血を流す癒しの傷は今もあります。



オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ