ヘブル四・十四~十六は、あなたによって現実のものとなることができる。「私たちには、諸々の天を通って行かれた大祭司なる神の子イエスがいるのですから、私たちの信仰告白を堅く保とうではありませんか」。ここの言葉は「告白」ではなく「信仰告白」である。この御言葉はキリスト教のことを「一大信仰告白」と言っている。あなたが告白すべき信仰告白は、あなたはキリストにあって何者なのか、ということである。これまであなたに述べてきたことは、みな現実である。それを堅く保て。

 敵はあなたの信仰告白をあなたに否ませようとするだろう。これとは別の信仰告白をあなたにさせようとするだろう。弱さ、失敗、欠乏を告白させようとするだろう。

 しかし、あなたは自分の信仰告白を堅く保て。「私の神は私の必要をすべて満たして下さいます」ピリピ四・十九。この信仰告白によって立て。ピリピ四・十三「私は、私を強くして下さる方にあって、なんでもすることができます」。「キリストは私の命の力です」と宣言せよ。それをあなた自身に向かって大声で告げよ。耳にたこができるまでそうせよ。

 一ペテロ二・二十四「キリストはあの木にかかって、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪に死に、義に生きるためです。その傷によって、あなたたちは癒されたのです」。あなたはあの十字架の上でキリストと共に罪に対して死んだ。あなたが甦ったのは義の中を歩むためである。また、キリストの傷によってあなたは癒された。イエスが死者の中から復活された時、癒しはあなたのものになったのである。

 敵のあらゆる攻撃を前にして、あなたの信仰告白を堅く保て。イエスの御名によって敵を叱責せよ。

 あなたは義の道の中を歩んでいる。これは、まるでイエスがあなたに御言葉を語って下さったかのように行動・生活することを意味する。これが勝利の道である。これが、イエスの御名によって悪鬼や病を追い出す道である。クリスチャンを苦しめてきたどの病気も、もしその信者のために勇敢に義の中を歩む人、勇敢にキリストにある自分の特権の豊かさの中を歩む人が誰かいたなら、、癒されていただろう。悪魔は追い出され、信者は癒しを受け取れていただろう。

 ヘブル四・十五、十六「私たちの大祭司は、私たちの弱さを思いやることのできないような方ではありません。罪を除いてあらゆる点で私たちと同じように誘惑されたのです。ですから、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか」。いま王座の部屋に行って、主と御父と共に座すよう、あなたは招かれている。

 あなたは大胆に行くべきである。潜り込んではならない。自分の罪を告白しながら、自分の弱さや失敗を嘆き悲しみながら、行ってはならない。新しい衣を身につけよ。御座の前に現れるのに相応しい身なりをせよ。

 あなたたちは全能の神の息子たち、娘たちであり、罪に定められることはない。欠乏しているとき、あなたたちは助けとなる憐れみと恵みを見いだすだろう。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ