私たちは贖われている

 「神は、私たちを暗闇の権威から解放して、愛する御子の王国の中に移して下さいました。御子にあって、私たちは贖い、罪の赦しを受けています」コロサイ一・十三~十四。

 私たちはサタンの権威から解放されている。サタンにはもはや私たちを支配する権利はない。

 教会はこれを認識したことが一度もないし、これを知ったことも一度もない。此処彼処で自分の嗣業の中に入った個々人はいたが、一般の教会員は恐れと疑いとサタンの支配の束縛の下で生きてきた。

 私たちはサタンの支配から解放されているだけでなく、「愛する御子の王国の中に移されて」いる。

 これが新創造である。これが神の子たちが実際に「私たちの主であるイエス・キリストを通して、命の領域の中で、王として支配する」(ローマ五・十七、ウェイマス)場所である。

 キリストにあって私たちは贖い、自分がかつて行ったすべての行いに対する赦しを受けている。

 私たちは敵の手から贖われている。再創造されている。神の命と性質を受けている。神の家族の中に入り、息子たちや娘たちとして私たちの御父との交わりを楽しんでいる。

 教会は感覚的知識によって支配されてきた。この感覚的知識のせいで「自分は無価値である」という感覚を覚えてきたのである。

 何度私たちはこう言ってきたことか、「聖なる生活、純粋な生活を送ることができたら、イエスの生活を送ることができたら、イエスが持っておられたのと同じ能力を自分も持てたのに」。どれほど人々は至る所で、自分たちのために祈ることができる聖なる人々を探し回ってきたことか!病人は信仰の祈りを祈ることができる人を絶えず捜し求めている。しかしその間、自分は不信仰の領域の中に生きているのである。

 彼らは知らないのである。自分が再生されたことが確かであるように、自分が新創造となって御父の性質を受けたことも確かであることを。この性質は彼らを霊を健やかにした。この性質が彼らを新創造としたのである。

 彼らにとって罪の問題は解決済みである。今や、彼らはキリストにあって神の義である。彼らはイエスと同じように御父の臨在の中に立つことができる。しかし、彼らはそれを知らない。彼らはイエスと同じように祈りをかなえてもらうことができる。しかし、彼らはこれを理解しない。

 彼らは霊的事柄に関する無知の中に生きてきた。彼らは感覚的知識をたくさん持っている。彼らは学校や単科大学や総合大学が与えることのできるすべての知識を持っているが、そのような感覚的知識は彼らがキリストにあって何者であるのかを彼らに明らかにしてこなかった。

 彼らは知らない。自分が御父の御前でイエスと同じ権利を持っていることを。したがって、全き大胆さをもって、恥じることなく、罪の意識を覚えずに、恵みの御座の前に立てることを。

 もし彼らがこれらのことを知っていたなら、もはや恐れは彼らを支配していなかっただろう。彼らは主人となっていただろう。もはや感覚の支配に服していなかっただろう。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ