「彼らは如何にしてカナンに入ったのか」(ドュアン・V・マクセイ編)からの抜粋。

 セス・C・リースは一八五四年八月六日、インディアナ州ハミルトン郡のウェストフィールドに生まれた。昔ながらのクエーカー出身で、その祖先は何代にもわたって友の会の会員だった。彼の幼年期や青年期の間、その教会の霊的命は低調だった。礼拝は形式的で、命に欠けることがしばしばだった。また、奉仕にはほとんど力がなかった。彼の性質はとても活発でエネルギッシュだったので、活力に満ちた敬虔さが教会に欠けていたせいで、彼が無鉄砲で不敬虔な者になってしまったのも驚くにはあたらない。十九歳の時、大いに敬虔で力のある信仰復興者であるカルビン・プリチャードがウェストフィールドで集会を開いた。無思慮なクエーカーの少年は深い罪の自覚を覚えた。守られてきた良心的な少年期を思い出して、またその影響のおかげで、彼は神の方に引き寄せられた。彼は自分の経験についてこう述べている。「当時、『改悛席』や『悔悟票』は、われわれの集会では用いられていませんでした。しかし、『天から遣わされた聖霊』と共になされた説教の終わりに、神の民の祈りを願う者は全員立ち上がるようにという求めがなされました。大会衆がひどく驚いたことに――ほとんど全員が私のことを個人的に知っていました――私は自分の足で立ち上がりました。当時、私が回心するとは全く思いもよらないことでした。事実、救いを受けることができるとは私は少しも思っていませんでした。『大変な問題を起こしてしまったぞ』と自分に向かってつぶやいたのを、私ははっきりと覚えています。それ以上の求めは何もありませんでしたし、私が踏み出した一歩について私に話しかける人は誰もいませんでした。次の日の晩になされた同じような招きでも私は立ち上がりました。そうした理由は何よりも、昨晩そうしたからです。しかし今や、私の気持ちは大いに真剣でした。そこで、初日の夜に別の招きがなされて、クリスチャンになることを心から願う者は全員立ち上がるようにという求めがなされた時、私は他の大勢の人々と一緒に速やかに応じました。公的にも私的にも私に対してそれ以上の話は何もありませんでしたが、愛する聖霊は二日目の朝に昼の集会に出るよう私に示して下さいました。私が集会所の庭に入ると、隣人が『来て私と一緒に座るかい?』と尋ねてきました。そして返事を待たずに、私が子供の頃から慣れていた席よりもずっと前の席に連れて行ってくれました。会衆の上に御霊が下って、集会が証しと告白の集会になった時、私はじっと座っていられなくなりました。集会は続いていましたが、奇妙な力が私に臨み、私は自分の足で立ち上がって自分が酷い罪人であることを告白しました。私が立っていた時間は三十秒もありませんでしたが、座った時、私は聖徒になっていたのです!天全体が私の魂の中に下ってきたかのように思われました。その時まで、祈ろうとしたことはありませんでした。一滴も涙を流したことはありませんでした。今や私の目は泉となり、私は大泣きしました。万物の様相は一変しました。草の葉や、水の滴や、森や野の鳥はどれも、喜びで踊っているように思われました」。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ