全く聖められないもう一つの結果は、使徒が言うには、不安定さである。「今から後、教えのあらゆる風に翻弄されるような子供であってはなりません」。ある人がやって来て、ある事を宣べ伝えると、あなたたちは「これは良さそうだ」と言うが、また別の人がやって来て正反対のことを宣べ伝えると、あなたたちはそれを受け入れてしまう。誰でもあなたを翻弄することができる。しかし、あなたが聖霊を受ける時、人々がどのように宣べ伝えようが、すべてはあなたに対して真昼のように明らかになる。この経験をしたことはあるが、それを話す方法が分からない説教者がやって来るかもしれないが、あなたにはその説教者がこの経験をしていることが分かる。私は彼らの数人を山々や開拓地で見つけたが、彼らは自分が聖められていることを知らなかった。しかし、彼らはこの経験をしたことがあり、その名を聞くやいなや、「それこそこれです。いつそれを得たか私は知っています」と言ったのである。神に栄光あれ!

 また、聖められそこなうことの悲惨な結果の一つは、あなたが義の御言葉に熟練しないことである。あなたは剣の柄よりはむしろ刃を掴んでしまい、他者にダメージを与えるよりも自分自身を切ってしまうだろう。この国の至る所に、神の剣に熟練していない説教者たちがいる。ペンテコステほどわれわれに天の知恵を与えてくれるものは何もない。一人の子供が全軍を「打ち倒す」のを私は見た。また私は、スラムから引き出された無知な人々、救われて聖霊のバプテスマを受けた人々が、魂の救いのために神の御手の中で力強い道具として用いられるのを見た。

 それから、愛する人よ、この世といちゃついたり、この世に淫らな視線を送るなら、聖められた状態を維持することはできない。多くの男性は、結婚後愛情表現をし続けなかったため、自分の妻の愛情を失ってしまった。聖霊の好意を大事にして、その好き嫌いを学び、聖霊を喜ばすことを求めないなら、われわれは祝福に満ちた聖霊を失う。聖霊に御自分の道を進んでいただくようにするなら、聖霊は永遠にわれわれと共にいて下さる。聖霊をひとりの御方として、また聖潔の創始者として認めそこなうなら、この聖潔の経験を保つことはできない。この恵みを維持するには、第一に神の御言葉を読むことに、次に、雑誌や新聞よりも聖潔の書物、新聞、聖人の伝記を読むことに注意を払わなければならない。福音の真理を自分の中に詰め込んで溢れ流れるようにせよ。そうすれば、聖霊はそれを十分に用いて下さる。多くの人は、有益な結果を生じるところにお金を注ぎ込むべきなのに、自分の胃袋を一杯にすることや、自分の家を飾ることにお金を注ぎ込んで浪費している。

 「聖く義しく、すべての日々に」。神に感謝せよ!雨の日もあれば曇りの日もある。病の時や、災難の時もある。多くの人々は逆境について不平を鳴らしている。しかし御言葉は言う、「われわれの生涯のすべての日々に」と。状況や環境は関係ないのである。

「セス・リース論説集」 完

オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ


コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ