聖潔と全き聖めの経験に入らないことによる二、三の聖書的結果に、あなたたちの注意を引くことにする。第一の結果は、罪を犯しては悔い改める習慣、極めて危険な習慣に陥ることである。これを長期間続ける人はごく希である。罪を犯すのは容易だが、悔い改めは困難である。罪を犯して悔い改めることを長期間にわたって続ける人はとても少ない。その結果は、もしあなたが生来の罪から解放されないなら、悔い改めずに罪の中に居続けることである。あなたが夜中にひざまづいて神に赦しを求めても、神は赦して下さらない。あなたが悔い改めない限り、神はお赦しにならない。あなたが悔い改めないのは、罪を犯すのをやめる見込みがないからである。しかし神の御旨は、あなたが聖霊のバプテスマによって救いと全き聖めを受けることにより切り抜けることである。さもなければ、あなたは道中疲れてしまうだろう。

 六歳の小さな少年を初めて学校に送り出したとしよう。二週間後、あなたが「学校はどうだい?」と少年に尋ねると、少年は「好きじゃない」と答える。「どうして好きじゃないんだい?」。「好きじゃないものは好きじゃない」。「でもジョニー、どうして学校が好きじゃないんだい?」。「ええとね」と少年は答える。「先生が二週間の間僕にABCをやらせるんだもん。ABCを習ったのは最初の日で、僕はもうそんなことにはうんざりなんだ」。われわれのすべての諸教会がうんざりしているのも、まさにこれと同じ理由による。説教者たちは教会員たちを初歩的原理にとどめて、乳と水飴を与えているが、教会員たちは何か別のものを求めている。会衆全員がABC、ABCにはうんざりである。また多くの場所で、説教者たち自身もそんなことにはうんざりである。彼らこそ、諸教会が後退した状態にあることを、この国で神に申し開きすべき人々である。

 新聞界を代表するある人が編集しているシカゴ市の主導的新聞の一つは、私がこれまで読んだ中でも最も厳しくシカゴの説教者を批判して、このシカゴの説教者を福音以外のほとんどあらゆる俗事について説教しているとして非難した。そして、この説教者が神に背を向けていることを立証するよう、自分の新聞や他の新聞で率直に告げたのである。不敬虔な新聞が説教壇における罪を非難しなければならない状況にわれわれが至る時、われわれは警戒すべき地点に至っているのである。そして、これに関して最も憂慮すべきは、われわれが警戒していないことである。

 人々は巨人でなければならない時に小人である。サムソンでなければならない時に赤ん坊である。この世に対してへつらい、妥協して、遂には弱々しくなってしまう。進み続けることは可能である。あるいは、巨大な発育過剰の赤ん坊になって座り込み、人々が自分にもっと注意を寄せてくれないからという理由で感情を害することも可能である。こんなめそめそした作り笑いの感傷はまったく聖書の宗教ではないことをわれわれが理解するよう、どうか神がわれわれを助けて下さいますように。聖霊は神のために強者、巨人、秀でた性格、堅固な人を造り上げる。赤ん坊であるべき時に赤ん坊でいることは全く結構なことである。しかし、赤ん坊服よりも大きく成長しないのは悲しいことである。神には巨大な霊的赤ん坊がたくさんいる。この赤ん坊たちはイエス・キリストにあって強者でなければならないのに、ゴム鈴、ブリキのラッパ、ガラガラを持って座り込んでいるのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ