Pilgrim Holiness Advocate 誌 三四巻―― 一九五四年十二月十八日 ―― 五一号

「主の御前に聖く義しく、われわれの生涯のすべての日々に」(ルカ一・七十五)


 一人の人の魂の救いは、比類しようのない素晴らしいことである。この宇宙にそのようなことは他に何もない。この素晴らしい救いを受ける人にとって、それは常に新しい人生の始まりである。しかし、救いを保つこと、この救いの完全な力の中を歩むことも、同じように重要である。良い始まり方をするのは素晴らしい。しかし、進み続けて立派な最後を飾ることは無限に優っており、いっそう素晴らしいことである。多くの人は旗をはためかせ、帆に風を受けて、明るい希望と壮大な見通しをもって、意気揚々と出発するが、極めて不名誉な敗北を喫する。神に感謝すべきことに、進み続ける道、前進の道、持続する道、彼岸の国の港に安全に到着する道があるのである。

 帆柱は折れ、帆は紐で結ばれ、旗はなくなった状態で、古い曳航船に引かれて港に入ることと、「いくつもの門を疾走してくぐり抜け、小羊の血に洗われて」高らかに入ることとは別の問題である。綱を投げ捨てて、はためくハンカチと友人や愛する者たちの叫び声の真っ只中で出航することと、荒海に遭遇し、荒れ狂う波浪を渡り、嵐をすべて乗り越えて、永遠の安息の港に立派に首尾良く入ることとは別の問題である。神に感謝すべきことに、これは可能である。

 私は老いることを恐れそうになることがよくあった。あまりにも多くの人が後退し、偏屈で不機嫌になり、一緒に暮らすのが難しくなってしまう。しかし、二、三の老聖徒と接触を持つようになって以来、私は勇気づけられている。少し前に私は八十六歳の一人の老人が立ち上がって、「八十六年間、自分は完全な愛の経験の内に保たれてきた」と震えながら告げるのを見た。それから、その老人が十六歳の少年のように会衆の前で飛び跳ねるのを見た時、「年は関係ない」と私は言った。この人は八十六歳なのに大いに活発で、麗しく、力に満ちていた。それで私の心は喜びで跳ね上がり、私は神に感謝した。人生の黄昏時になっても、このクリスチャンの戦いにおいては、われわれをバラ色の、輝かしい、勝利の旅路から引き離すものは何もない。前進するか後退するかである。前に進むか後に進むかである。進み続けるか澱んだ水たまりになるかである。流れる小川になるか、マラリヤを繁殖させるかである。だから私は、現在のことだけでなく、未来と人生の最後にまで至る全行程についても述べている御言葉を選んだ。ハレルヤ!前進し続けて全く聖められない限り、救われた状態を長く維持することは誰にも出来ない。持っているものを維持する唯一の道は、それに加えることである。神の奉仕に成功する唯一の道は、自分に臨むあらゆる光の中を歩み、神が「あなたにはペンテコステが必要であり、これを求めるべきである」と示される時、それを得て、それによって歩むことである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ