伝道説教(要請により再掲)
Pilgrim Holiness Advocate 誌 三四巻―― 一九五四年十一月二十日 ―― 四七号

「良きおとずれを伝え、平和を告げる者の足は、山の上にあって、なんと麗しいことだろう」(イザヤ五十二・七)


 全く聖められたあたなたちにとって、この偉大な任務は人生をすべて注ぎ込むべき課題である。もし宣教士たちや地の果てまで行く使者たちを生み出さないなら、諸教会や教会の建物を顧みても何になるだろう?宣教士たち、伝道者たち、福音的牧師たちを生み出さないなら、聖書学校や大学を顧みても何になるだろう?世界を福音化することは、われわれの明確な目的、霊的・聖書的な目的である。われわれは政治や改革に召されているのではなく、この史上最大のメッセージを地の果てまで告げることに召されている。まだ伝えられていない人々に伝えるというこの偉大な目的に貢献しないものは、すべて失敗である。われわれの諸教会や学校が言わば完成品を輩出することに失敗する時、あるいは宣教熱の栄光で全く覆われている製品を輩出することに失敗する時、われわれは完全に失敗しているのである。もしわれわれが宣教のために燃えていないなら、あなたやわれわれの誰かが「自分は聖められている」と告白してもそれはまったく馬鹿げたことである。

 平和を告げ、救いを告げる者たちの足は、なんと麗しいことだろう。麗しい足、麗しい道、麗しい試み、麗しい勝利、犠牲的な愛の麗しい模範、なぜなら奉仕の最高の栄光は文句を言わずに犠牲的に献げることだからである。われわれがそこに達することを私は願う。つぶやいたり文句を言わずに苦しんで献げることに優る栄光は何もない。

 あなたはこの御言葉をすでに知っているので、この教訓で言及されている人々はこれについて語り、祈り、歌っただけでなく、実際に出て行ったのであることを、私は時間をかけて強調したりしない。召しを聞いた人々は大勢いるが、後になって不幸せな結婚に召されていると感じて、決して出て行かなかったのである。しなびた生活や砕かれた希望が何と多くあることか。その原因はすべて、人々がこの実効的な面の中に入り込まず、立ち上がって出て行かなかったことである。

 罪の山々の上に立つ人々の麗しい足についてのこの描写では、山々は険しい事柄、厳しい事柄を表すことを彷彿とさせる。しかし、もしわれわれが主のものであり、ただ主だけのものなら、この山々は、たとえそれがどこにあったとしても、われわれの嗣業の一部である。厳しい事柄はわれわれをいっそう高貴な経験に導いてくれる。宣教への関心は常に霊性を強め、霊性は常に宣教への関心を増し加える。この山に登るよう、どうか神がわれわれ全員を助けて下さいますように。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ