Pilgrim Holiness Advocate 誌 三四巻―― 一九五四年三月一五日 ―― 二〇号

「何ゆえあなたの装いは赤く、あなたの衣は酒ぶねを踏む者のように赤いのか。私はひとりで酒ぶねを踏んだ」(イザヤ六十三、二~三)


 この輝かしい詩的光景は私の魂を隅々まで感動させる。まるで極めて感動的な絵の赤々と燃え上がる展望や、われわれの主の極めて生き生きとした光景のようである。

 Ⅰ.私の知性と心の画布の上に投ぜられた最初の光景は、戦士の光景だった。主は天からこの破れ目、人類の破綻をご覧になったが、支える者が誰もいなかった。主は守る者が誰もいないのを怪しまれた。「それゆえ、私の腕が私に救いをもたらし、私の憤りの中で、それが私を支えた」(イザヤ六十三・五十七)。天の境界線に神はその軍隊を動員された。戦隊と師団が次々とその境界の平原に進軍し、全軍が戦闘配置に着いた。天で反乱を起こしてその住人の三分の一を奪い去った神と人の大敵は、その暗闇の地獄の軍勢を呪われた燃えさかる平野に集めていた。これは悠久の時の中で最大の戦いのための最大の備えであった。いと高き王国が与えるすべての武具をまとった戦士としてのキリストが私には見える。

 II.この絵画が示す第二の絵は、流血の野から帰還する征服者の絵である。彼はイスラエルの旧敵であるエドムとの戦いから戻ってくるところである。戦いは過ぎ去り、戦争は終わった。勇気、戦い、恐怖は、この御方の背後にすべて過ぎ去った。勝利者であるこの御方が輝かしい威光と栄光に満ちた衣服をまとい、御力の偉大さを示しつつ行進されるのが私には見える。この絵図は人類の贖いの預言全体にも言える。

 贖いの最初の約束は、女の裔と蛇の裔との間の戦いの約束だった。モーセとパロ、イスラエルとアマレク、ヨシュアとカナン人の間の戦いや、その他多くの戦いは、この箇所や他の箇所で描写されているこの大きな戦いの型にすぎない。エデンからハルマゲドンまで戦いがある、という漠然とした印象がある。

 この絵図の前面にキリストが立っておられるのが私には見える。キリストは戦って勝利を勝ち取り、敵を滅ぼされた。まさにここでわれわれはこの光景を見て、教訓を学ぶべきである。すなわち、この戦いはわれわれの戦いではなく、神の戦いなのである。また、彼はあらゆる時代の勝利を含む勝利を勝ち取られたのである。その結果、われわれが参入するどの戦いも、勝利が保証されているのである。イスラエルの戦士であるダビデは片手でゴリアテに立ち向かい、ペリシテ人の全軍をその指導者を打ち負かすことで打ち破った。そのようにイエスは地獄の軍勢の指導者、神と人の大敵に、荒野で、園で、十字架上で、ヨセフの新しい墓で立ち向かい、永遠に追放された。キリストは昔と同じような征服者として、墓場の暗い棺の中から出て来られた。この世、肉、悪魔、死、地獄、墓は、すべて彼の戦車の車輪に鎖でつながれたのである。こういうわけで、われわれは彼の勝利を得ており、どの戦いに参加する時も「神に感謝せよ、神は常にキリスト・イエスにあってわれわれに勝利を得させて下さる」と叫ぶのである。

 これが事実である以上、われわれは決して敗北する必要はない。このようにして「私たちを愛して下さった方によって私たちは圧倒的な勝利者になる」のである。レフィディムのあの大きな戦いでは、アマレクは肉の型である。この戦いで勝利を勝ち取ったのは人の力ではなく神の力である。モーセが両手を上げていた時だけ、イスラエルは優勢だった。モーセの手が疲れて重くなり下に下がった時は、アマレクが優勢になった。そこで人々はモーセを石の上に座らせて、日が沈むまでアロンとフルがその両手を支えた。これは聖め――肉の磔殺――の型であった。人々はモーセを羽毛ベッドの上ではなく石の上に座らせて、日が沈むまで一日中その両手を支えたことに注意せよ。この上げられた信仰の手は御衣の裾に触れるのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ