Pilgrim Holiness Advocate 誌 二一巻―― 一九四一年十二月二五日 ―― 五二号

「あなたの神、主がこの四十年の間、荒野であなたを導かれたそのすべての道を覚えなければならない。それはあなたを低くして、あなたを試し、あなたの心の内を知り、あなたがその命令を守るかどうかを知るためであった。
それで主はあなたを低くし、あなたを飢えさせ、あなたも知らず、あなたの先祖たちも知らなかったマナで、あなたを養われた。人はパンだけで生きるのではなく、主の口から出る全ての言葉によって生きることをあなたに知らせるためであった」(申命記八・二、三)


 神の民が何かの大問題に直面したり、重要な一歩を踏み出すよう召される時はいつでも、神は有り余る備えと指示を与えて下さる。ほとんど常に、神の民は自分たちの過去の歴史を振り返り、自分たちが歩んで来た道を熟考し、過去の出来事における神の自分たちに対する取り扱いを概括するよう要求される。この御言葉が語られた時のイスラエルがそうだった。彼らの荒野の放浪は終わろうとしていた。ヨルダン川が再び彼らの道の前に広がっていた。そして、彼らは約束の地の中に入るよう命じられた――これは彼らの先祖たちが失敗したことだった。彼らの偉大な指導者はモアブの平原に彼らを集め、この三つの説教を彼らに説いた。彼は道中における神の優しさを振り返っただけでなく、神政政治の偉大な諸原則と神聖な律法――その下で彼らの国民生活は確立されることになっていた――を告げた。

 彼らが新たな規則を伴う新たな故郷の境界に立っていたように、われわれもまた過ぎ去った年の墓場に立っており、新しい年の揺りかごの所にいる。しかし、われわれは新しい時代の境界にいるのである。歴史全体がそれに向かって進んで来た目標にわれわれは近づいている。これが「両方の道を見ること」というタイトルを用いる理由である。われわれは生者と死者――過ぎ去った年と生き生きとした未来――の間に立っている。過去がいかなるものであれ、あるいは、過去にいかなる事が成し遂げられてきたとしても、それはすでにない。過ぎ去った、永遠に過ぎ去ったのである。われわれはカナンよりも遥かに素晴らしい嗣業である王国に近づいている。その王国の栄光は決して過ぎ去ることがない。二つの年の間に立って、両方の道を見ようではないか。そして、この御言葉が示すことを短く考えようではないか。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ