Pilgrim Holiness Advocate 誌 二一巻―― 一九四一年十一月二七日 ―― 四八号

「私の子よ、主の訓練を軽んじてはいけない。(中略)さて、すべての訓練は、当座は、喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものに思われる。しかし後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせるようになる」(ヘブル十二・五、十一)


 人の思いにとって最も大きな問題の一つは、愛する天の御父の統治下における人の苦難の神秘である。この問題にヨブは直面した――なぜ敬虔な人が苦しんで悪人が栄えるのか?ダビデも聖所の中に入るまでこの問題に悩まされた。聖所の永遠の光の中ですべては明らかになったのである。

 神の子供たちの苦難は怒りによる罰ではなく、霊的性格の訓練のために、教育的目的で送られる。「訓練」と訳されているギリシャ語は文字通りには「子供の訓練」を意味する。あなたが子供の訓練を耐え忍んでいるからには、神はあなたを息子を扱うように扱っておられるのである。

 この訓練は喜ばしいものではないかもしれない。厳しいものに思われるかもしれない。訓練は時として火のような試練の中で臨む。それは外圧かもしれないし、あるいは尖った鉄があなたのまさに魂の中に入り込むかもしれない。何重もの誘惑により、あなたは重苦しいかもしれない。ヨブや他の多くの人のように、この訓練は病を通して臨むかもしれない。「義人の苦しみは多い」。しかし、これらの苦しみや試練のおかげで、霊性はとても高度に磨かれるのである。あなたの最上の家具は、激しい研磨で数回磨かれ、さらに仕上げ磨きを数回受けた。サタンは神の僕たちの訓練において教育的要素としてしばしば用いられてきた。

 「クリスチャン奉仕者の三つの主要な必要条件は、誘惑、誘惑、誘惑である」と言ったのはルターである。

 地獄から漂ってくる空気の焼けるような炎は、極めて厳しい苦しみを生み出す。その赤々と燃え上がる力の下で、「私の魂は悲しみのあまり死にそうです」とイエスは言われた。

 パウロは耐えられないほど圧迫されて、生きる望みを失うほどだった。

 エレミヤは言った、「私の民の娘たちの苦痛のゆえに、私は苦痛を受けている」。「ああ、私の頭が水になり、私の目が涙の泉になればいいのに。そうすれば、屠られた私の民の娘のために、私は昼も夜も泣くことができたのに」。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ