Pilgrim Holiness Advocate 誌 二一巻―― 一九四一年三月二七日 ―― 一三号

「そして、民衆は立って見ていた」(ルカ二十三・三十五)


 十字架のこの不可解な悲劇――悲劇中の悲劇――を目撃した人々の間には、極めて多彩な感覚があったに違いない。この悲劇は壮大な世界中の出来事をすべて色あせさせてしまった。このような奇妙なしるしを伴うこの奇妙な行動は、その場に居合わせた者たちに多様な影響を及ぼしたにちがいない。

 そこには、心が鋼鉄で良心が焼け焦げている人々がいた。救い主の体に釘を打ちつけたこのローマの兵士たちは、強奪品以外何も顧みず、そのためにくじを引いた。

 首長たちは悪魔のような残忍さで、自分たちの犠牲者の苦悩をあざ笑っていたにちがいない。復讐してやったと思っていたからである。

 遠く離れて立ち、自分の主の十字架刑を目撃した時、どれほど奇妙な感情がペテロの胸に渦巻いていたことか!どんな犠牲を払っても、もし可能なら、自分が主の心に突き刺さった矢を引き抜きたい、と思ったであろうことは想像に難くない。

 次に私が思うのは百卒長のことである。地が揺れ始め、岩が汚れた裏面をさらし、救い主が死なれるあいだ太陽が輝くのをやめた時、百卒長は感動のあまり、「まことにこの方は神の御子であった」と叫んだ。

 忠実で、愛に満ちた、落胆している女たちのことを考えてみよ。自分たちが信頼を寄せていたこの御方の無力な苦悩を彼女たちが目撃した時のことを。

 この丘の周囲にはこのように異なる階級の人々がいたが、他にもいた。救い主の隣の十字架上には、罵りと呪いの言葉を発する者がいた。その人が怒り狂っている間、イエスをはさんだ反対側にも人がいて、憐れみを求めて嘆願していたのである。

 「成就した」とイエスが言われた時、彼は悔い改めた盗人を腕に抱き、彼を燃える炎の中から救い出した戦利品として、一緒に永遠の門をくぐられた。一方の盗人は地獄の業火の中にいたが、他方は神の御子の温かな血で白く洗われて門をくぐったのである。

 母親たちよ、彼の母親の心を満たした悲しみを少しでも理解できるだろうか?彼女は「剣があなたの心をも貫くでしょう」という三十年前のシメオンの言葉を思い出した。

 代々、男たちも女たちも「立って見ていた」のである。二千年間、人々は中心たる十字架に目を向けてきた。時代が過ぎて行くにつれて、十字架はますます大きさと気高さを増しつつ人類の目の前に迫ってきた。聖書のどのページも、この多くの面にわたる栄光の新しい光や異なる面を見せている。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ