Pilgrim Holiness Advocate 誌 十九巻―― 一九三九年六月二二日 ―― 二五号

 コペンハーゲンのある大きな教会には、美しい白い大理石から彫られた大きなキリスト像がある。しかし、この像はスカンジナビア人の風貌を帯びており、ユダヤ人的風貌は見あたらない。ヨーロッパの一大美術館を訪れると、キリストの絵を描いたイタリアの芸術家たちはキリストをイタリア人にしたことに気がつく。ゲルマンの芸術家たちは彼にゲルマン人の風貌を帯びさせ、イギリスの彫刻家たちは彼を英国人にした。フランスのいくつかの美術館では、彼はフランス人にやや似ている。この共通の事実の根底には、キリストは万国民の救い主であるという原則がある。キリストはまさに万民が必要とする救い主である。「地の果てのすべての人よ、私を仰ぎ見て救われよ。なぜなら、私こそ神であって、他に神はいないからだ」。

 地から天に通じる道は一つだけであり、中に入る門は一つだけである。道は一つだけである――聖潔の道である。キリストは言われた、「私は道であり、真理であり、命です」「まことにまことに私はあなたたちに言う。羊の囲いに門からではなく他の道をよじ登って入る者は、盗人や強盗と同じです」。「私は門です。私を通って入る者は誰でも救われ、出入りして、牧場を見いだします」。「この方以外に救いはありません。それによってわれわれが救われるべき名は、天の下に他には何もないからです」。

 人の贖いに関する理念は常に同じである。救いの条件は変更不能である。どの土地でも、クリスチャン生活の基本倫理は同じである。「キリストはすべてのすべてです」。国が違えば神に至る道も違う、という印象を与えている人々もいる。しかしキリストは「私によらなければ誰も御父のもとに来ることはできません」と宣言された。私は「インド人の道であるキリスト」や「あらゆる道のキリスト」について読んだが、クリスチャンの聖書を注意深く批判的に読むと、そこに見いだすのは唯一の道であるキリストだけである。階級区別や高度なカーストで知られているある国から戻った宣教士と話をしたとき、私は自分をクリスチャンと見なす隠れ信者たちのことを聞かされた。そのような信者たちについてさらに尋ねたところ、彼らが言うには、この人々はキリストを自分の信仰と心の中に受け入れたのだが、公にキリストを告白することが決してないのだという。そのわけは、カーストを破るなら必ず降りかかる迫害を恐れているからである。クリスチャン信仰の基本によると、隠れ信者のようなものは存在しないし、少なくとも隠れクリスチャンのようなものは存在しない。「人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからです。彼を信じる者は誰であれ恥を受けることはありません。ユダヤ人とギリシャ人との差別はありません。同一の主が万民の主であって、彼を呼び求めるすべての人に対して豊かだからです」。アフリカ人の道であるキリスト、イタリア人の道であるキリスト、日本人の道であるキリストはありえない。ひとりのキリスト、一つの道、中に入る一つの道しかないのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ