彼らは朝早くに宮の中に入った、と聖書は言う。アブラハムが自分の愛する息子を犠牲として献げるよう命じられた時、彼は早く起きて従った、とも言っている。教会に遅れてやって来るわれわれの中の何人か、キリストの事業に怠慢な者たちは、素早い従順の益を完全には受けられない。自分の葬儀以外、決して時間を守らない人々もいる。従うのを遅らせることは、測り知れない損失を被ることである。あなたがもし悪魔と交渉するなら、悪魔はあなたの最善のものを取るだろう。聖霊は御自分があなたに命じたすべてのことをあなたが迅速に行うようにされる。

 あなたが洗濯用のたらいや台所の流しの所にいて、行って家族と一緒に祈ったり、ある個人とその人の魂について話すよう促されたら、すべてを放置してただちに出かけよ。「これを得て、あれをしたら従います」と言ってはならない。まず祈れ、そうすれば働きは容易になる。義務を遅らせることは、不従順と同じくらい悪いことかもしれない。あなたの働きが神からのものなら、悪魔自身はそれを全く打ち倒すことはできないことを覚えよ。悪魔は時々邪魔するかもしれない。サタンに妨げられたことをパウロは認めた。

 地獄の砲撃の衝撃に耐えて依然として最善の状態にあり、かつてなかったほど堅固な土台の上にある多くの教会や施設をわれわれは知っている。何度も私は、「主よ、これはあなたのものです。私のものではありません」と言った。もしそれが私のものだったなら、それはとうの昔に行き詰まっていただろう。しかしそれは主御自身のものであり、神が植えられたものを完全に破壊できる機械を悪魔は何も持っていない。あなたが岩の上に定着する時、地獄の風が一斉に吹いてきて、呪いの波が一斉にあなたの上に押し寄せるかもしれない。しかし、その嵐の後あなたは立ち直って、静かに岩の上に居続けるのである。

 要するに、最も大事なことはわれわれが聖霊を受けること、今日受けることである!「あなたたちは聖霊を受けよ」。聖霊は決してあなたから去らず、あなたを見捨てない。聖霊は来て永遠にとどまって下さる。友人たちは来て去って行くかもしれない。地上の光景は変わるかもしれない。昔と同じものは何もないように思われるかもしれない。しかし、聖霊はとどまって下さる。聖霊がしくじることはありえないのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ