Pilgrim Holiness Advocate 誌 十四巻―― 一九三四年一二月一三日 ―― 五〇号

「私はまた主の言われる声を聞いた、『私は誰を遣わそうか。誰がわれわれのために行くだろうか?』」


 この節で宇宙の神が求めておられるのは大使たち、絶望的なほど堕落して失われている世界に王の便りを喜んで伝える任命された使者たちである。これほど偉大で素晴らしい御方が、自分の偉大な働きを助けてもらうために人にお願いするとは、たとえようもないほど奇妙なことである。奇妙ではあるが、神は身を低くして勧誘し、その嘆願の根拠を示して下さる。神は世界の福音化を求めておられる。われわれは国外宣教や国内宣教について話すが、神は決してそうされない。神の福音は失われた世界のためなのである。

 第一に、神の最初の訴えは感謝の気持ちに訴えるものであることに注意せよ。われわれは感謝してしかるべきだし、福音がわれわれのためにしてくれたすべてのことのゆえに、深く感動してしかるべきである。このしっかりした根拠に基づく嘆願は、われわれを徹底的に刺し貫くべきである。兄弟よ、今日あなたが森の中にいない理由、裸の未開人、人肉を食らう食人族でない理由は何か?可能な唯一の答えは、パウロとバルナバがマケドニア人の招きを聞いて、はるばる古代のイギリスやドイツに行って、われわれの祖先たちが住んでいた新大陸にキリストの福音を植え付けてくれたことである。

 不信心なアメリカの旅行者、学識ある愚か者がフィジー諸島を訪問した。そして、現地の一人のクリスチャンと会話して、神を礼拝するために大勢集まる彼らの熱心さをからかった。彼は言った、「アメリカやヨーロッパでは、われわれはこんな時代遅れの教えを後にしました。そんなのは時代遅れです」。現地人はある岩を指さして言った、「あの岩が見えますか?その横にあるかまどが見えますか?あなたはご存じないのでしょうか?もし福音がなければ、われわれはとうの昔にあの岩の上であなたを殺し、あのかまどの中であなたを焼いていたでしょう」。これが福音がわれわれのためにしてくれたことである。今日、数千の人が、自分たちが飲んできたこの水路を、恩知らずな足で汚しているのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ