Pilgrim Holiness Advocate 誌 十三巻―― 一九三三年一月五日 ―― 一号

聖句:「しかし、私自身には、われわれの主イエス・キリストの十字架以外に、誇りとするものは断じてあってはならない。この方によって、この世は私に対して十字架につけられ、私もこの世に対して十字架につけられてしまったのである」。

 イギリスの海岸で最も危険な岬の一つでは、その岩だらけの海岸をよく襲う激しい嵐のせいで、無数の灯台が流されてきた。世界最高の天才が、持ちこたえる灯台を費用に糸目をつけずに建設するために雇われた。時間も金も惜しまなかった。長い年月の後、建物が出来たという発表があった。その季節の最初の嵐は史上最も厳しく最も長い嵐になった。みなが不安がっているのが感じられた。大金と多くの人命が危険にさらされていた。誰もが感じて口にした疑問は、「この灯台はもちこたえられるのか?」だった。酷い荒天が数日続いた後、嵐はゆっくりと弱まって行ったが、濃い霧がその海岸全体を覆っていた。その暗闇を貫けるものは何もなかった。数千の人が集まって、霧の最初の晴れ間を大いにそわそわしながら待った。技術者や建設業者がしびれを切らしかけたまさにその時、突然、一瞬だけ晴れ間が生じて、すべて大丈夫であることがわかった。たちまち叫び――大水の轟きのような大群衆の声――があがった、「灯台は立っているぞ!灯台は立っているそ!」。天気が晴れてから、大喜びの大祝典が開かれた。

 唸る風と酷い嵐が四千年続いて、人類の希望がすべて忘却の彼方に吹き飛ばされ、四百年の間いと高き世界からのメッセージや使者のないまま暗闇が絶えず深まって行ったのだが、その後、考えうる最大の犠牲を払って「灯台」が建てられた。主イエス・キリストの十字架がエルサレムの都のすぐ外に立ったのである――キリストの十字架こそ唯一の道である。この十字架が今朝の私の御言葉の主題である。ただこれだけを、この御言葉の著者は誇りとした。この世が誇るものを何も持っていなかったわけではなく、キリストの十字架の光に照らして他のものをすべて糞土と見なしたのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ