キリスト教に対するドイツ人の典型的見解は、「復讐」や「正義」の名の下に戦って、福音のための道を切り開かなければならないというものである。十字軍の時代、人々は剣を突き付けられて「回心」させられたが、今日のキリスト教の教会の矛盾は、その頃と同じくらい酷いものである。

 これから信じる人々を、彼らを罪に定める敬虔な人々から守れ。左も右も見てはならない。万民の救い主であるキリストに従え。

 殺人がこれほど多いことに、私の心は痛む。ヨーロッパのクリスチャンたちは、中国人を殺すことで、自分自身の頭上に呪いを招いてしまった。クリスチャンたちは中国の人々を癒す代わりに、彼らがヨーロッパ人ではないからという理由で、彼らを罰している。キリスト教の上に裁きが臨んでいる。敵を愛する力に欠けているからである。塩は味を失い、何の役にも立たなくなった。

 こうしたことはみな、「文明人」はキリストを理解できないことを示している。悲しいことに、宣教協会も同様である。実業家、宣教士、兵士――彼らはみな、自分なりの方法で、人々を神の御手に委ねる代わりに、自分たちのポケットに入れることを欲している。さらに、まったく異なる信条や観念を持つ無数の宗派が、最大の妨げの一つとしてキリストを妨げている。これらの宗派は、キリストにあって神は全世界を和解させて下さったことを(二コリント五・一九~二一)理解していないのである。


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ