私たちはかなり多くの点を省いて、様々な文脈や生じ得たかもしれない問題を追いませんでしたが、多くの特徴をまとめた大まかな概要を与えて満足することにします。問題もあったかもしれませんが、まず第一に、この諸々の事実に向き合おうではありませんか?これらは事実なのでしょうか?偏見を除き去って、大まかな質問をしましょう――「これを受け入れてはいけない理由が何かあるのでしょうか?何が妨げているのでしょう?」。もし私たちがとても率直で開いており、このような問題について偏見を抱いていないなら、私たちは光を得るでしょう。そして、その光はとても多くのことを意味するものになるでしょう。しかし、もし私たちに先入観、強い先入観があるなら、こうした事柄に触れる時、私たちは靄の中に入ってしまうでしょう。開かれた心は、多くの光を与えるための道を主のために備えます。主からのものを喜んで受け入れようとする心は、主が御自身のものを示すことを可能にします。

 さしあたって詳細はすべて措くことにして、この御言葉を真面目に眺めて、この力強い「何とかして」に向き合うことにしましょう。「何とかして格別な復活(ギリシャ語)に達するためです……」。この「何とかして」に何ということがかかっていることか!この「何とかして」にかかっているのは自分の救いではないことはわかります。私たちの救いはキリストの完成された御業と、それを信じる私たちの信仰にかかっています。しかし、この「何とかして」にかかっているものがあるのです。

 どうか主が御自身の力強い促しと、全き御旨に至らせる卓越した偉大な力の内なる働きを私たちに息吹込んで下さり、私たちが御旨に達しないことがないようにして下さいますように。

「キリストの復活の力」 完


オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館
オリーブ園クリスチャン古典ライブラリー 本館へ

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
個人のブログに関するリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

電子書籍
Glorious Secret
ジェシー・ペン-ルイス
「栄光の奥義」


The Cross of Christ
アンドリュー・マーレー
「キリストの十字架」


ランキングサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ

人気ブログランキングへ ブログランキング

ブログのまどランキングへ ブログ王へ

ブログランキング【くつろぐ】

QRコード
QR
カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ